fc2ブログ
ホビーにおける3つのツボ


世の男子向けホビーには売れるための法則というものが存在します。
それは購買対象である男の子の心を掴むためのツボと言うべき3要素を抑えることにあります。
その3要素とは「変身」「集合」「合体」の3つであり、これはデュエマにおいても毎年のシリーズでほぼ必ずカードにギミックに落とし込まれているものです。
それぞれ解説していきます。

■変身
変身、あるいは変形とも表現できます。
キャラクター単一での強化です。
変身ヒーローものでいう強化フォームや、ポケモンでの進化などが当てはまります。
個人が姿や能力を変えていく「縦軸」での強化です。
装備品を装備する、乗り物に乗り込むなど後述する「合体」にも分類できそうなものもありますが、あくまで主体が個体にあるものはこちらに該当します。
デュエマにおいては進化、覚醒、革命チェンジなどが該当し、カードを上に重ねる、ひっくり返す、入れ替えるといったギミックで表現されます。

■集合
繋がり、結束とも表現できます。
個体と同じ集団に所属する仲間との関連性です。
戦隊ヒーローもののあり方なんかがわかりやすいと言えます。
個人同士の繋がりによる「横軸」での強化です。
デュエマにおいては毎年のプッシュ種族やサバイバー、ソウルといった文明や種族を超えた繋がりが該当します。

■合体
集合した仲間と姿を一つにした強化です。
合体ロボットは戦隊ものやロボアニメの華です。
先述の「変身」「集合」両方の要素を備えており、縦軸と横軸による「高次元」の強化と言えます。
デュエマにおいては多色カード、進化V、ゴッドリンクなど枚挙に暇がありません。合体しまくりです。

この3要素が嫌いな男子はほぼ存在せず、世にでるホビーは大抵この3つのどれかが、或いは全部が該当しています。
先述の通りデュエマでも毎年用いられていますので確認してみましょう。勝太編から見てみます。

ホビーにおける3つのツボ2


このように、毎年登場するデュエマにギミックには、これらの3要素が含まれていることがわかります。
Revや新DMといった原点回帰(回避)を目指したシリーズでは高次元の要素である合体が該当しないのも示唆的です(無月の門の初出は新DMですが、顔見せ程度で双極からメインだったので双極に)。

デュエマは毎度楽しいギミックを我々にもたらしてくれますが、それがどんな要素を含んでいるか意識してみると新しい発見があって面白いですよ。

最後なんですが、このような要素抽出はかなり今更で、既に他の方がやられている気がしているのですが、見つけることができませんでした。
もしそういう記事をご存じの方がいれば教えてくださると幸いです。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://melkiss063.blog.fc2.com/tb.php/430-b5b417b0