上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は新しい多人数戦用変種ルールの紹介と、それに使用するサンプルデッキの解説です。

すごく楽しいゲームなんでお勧めですよ!

■魔王戦のルール

対戦形式:1対チーム対抗戦
推奨参加人数:3人または4人

プレイヤーは「計略」で強化された1人の「魔王」と、2~3人のチームで対戦します。

■計略のルール

魔王戦では20枚以上の計略からなる「計略デッキ」を必要とします。計略デッキには同じ名前を持つカードは1枚までしか入れることはできません。
呪文を計略デッキに入れることができます。その場合、そのカードのカードタイプは計略になります。
クリーチャーを計略デッキに入れることができます。その場合、そのカードのカードタイプは計略になり、そのクリーチャーのコピーであるトークンを生成する能力を持ちます。

■ゲームルール

魔王が先行になり、先行プレイヤーも最初のターンにドローします。
魔王のゲーム開始時のシールド枚数は7枚です。チームのプレイヤーのゲーム開始時のシールド枚数は2人の場合は7枚ずつで、3人の場合は5枚ずつです。
チームのプレイヤーは「共有チーム・ターン」を用い、チームでターンを共有し、チームメイト同士は同時にステップを進行します。
チームのリソース(手札のカード、マナなど)は共有されません。
ゲームの開始時に、魔王は自分の計略デッキを切り直し、無作為の順番にして裏向きで統率領域に置きます。
魔王のメインステップが開始した直後に、魔王は計略デッキの一番上のカードをデッキから取り除いて表向きにします。この行動を「計略を実行中にする」と言い、計略の能力が誘発します。
計略が統率領域で表向きになり、待機していた誘発イベントを全て解決した時、その計略は裏向きになり、計略デッキの一番下に置かれます


魔王戦は、MTGのカジュアル変種ルールである「アーチエネミー」をDM向けにアレンジした変種ルールであり、1人対複数による多人数戦です。
1人側は「魔王」となり、チーム側のプレイヤーを全滅させることが目標で、ハンデとして先行と毎ターンのメインステップの最初に計略デッキの一番上の「計略」をコストを支払うことなく使います。
対するチーム側は2人か3人でチームを組み、1人でも生き残って魔王を打倒することが目標となります。チームは2人ならシールド7枚で、3人なら5枚です(魔王はどちらでも7枚)。
チームはターンを共有して、同時にステップを進行します。カードの使用や攻撃の順番は好きな順番ですることができます。

次に、魔王を強化する計略デッキの紹介です。

『魔王戦用計略デッキ』
1 x シャッフルカード
1 x 《魔刻の騎士オルゲイト》
1 x 《腐食虫スワンプワーム》
1 x 《ダーク・クラウン×2》
1 x 《ねじれる者ボーン・スライム×3》
1 x 《インビンシブル・アビス》
1 x 《デビル・リンク・タブー》
1 x 《ヘル・スラッシュ》
1 x 《ガンヴィート・ブラスター》
1 x 《デビル・ハンド》
1 x 《真実と偽りの境界》
1 x 《トンギヌスの槍》
1 x 《魔弾 ベター・トゥモロー》
1 x 《策略の手》
1 x 《キサナティック・X》
1 x 《龍素知新》
1 x 《インフェルノ・サイン》
1 x 《金縛の天秤》
1 x 《フェニックス・ライフ》
1 x 《ジェスター・ブレイン》
1 x 《フェアリー・ギフト》

本家MTGのアーチエネミーでは計略カードと呼ばれる大判の専用カードが存在するのですが、DMでは呪文とクリーチャーで代用しています。
ここで重要なことがあるのですが、計略デッキはゲームを楽しむことを第一にして構築するべきであるということです。
計略デッキはシャッフルカードを除いて20枚のハイランダーとしか構築の規定はないので、無制限に強いカードを積んだら当然、魔王が圧勝します。
遊ぶ構築フォーマットや周囲の環境に合わせて、魔王と勇者がバランスよくゲームできるような構築を目指しましょう。
この計略デッキはDMEDHデッキを使用した魔王戦を想定しているため計略カードのカードパワーはかなり抑え目にしています(それでも魔王が圧勝することも少なくないです)。
通常デッキや殿堂ゼロでの使用を想定するなら《爆進 イントゥ・ザ・ワイルド》や《英知と追撃の宝剣》などを入れてもいいでしょう。

次に各カードの解説です

シャッフルカード
計略デッキをシャッフルし、計略デッキの1番上カードを表側にします。
一度使った計略は計略デッキの一番下に行くため順番が固定されてしまうので、これで順番をランダムにしています。
計略デッキは20枚としていますが、このシャッフルカードは枚数に数えていません。

dmc01-44.jpg


《魔刻の騎士オルゲイト》
クリーチャーは、そのクリーチャーのコピーであるトークンを生成します。
わかりにくい表現ですが、計略カードを計略デッキの一番下に戻すための処置で、計略カード自体が超次元呪文のようなものになっていると考えるとわかりやすいかも知れません。

W・ブレイカーを持ち、早い段階で出てくるとチーム側は早期に除去しないと押し切られてしまうでしょう。

トークンの選定ですが、魔王戦における1人側のプレイヤー、つまり魔王はDM基本セット期におけるダークロードをイメージしており、そのため大型のトークンはデーモンを選びました。
1~9弾くらいまでの最初期のクリーチャーか、知名度のあるクリーチャーから選ぶことにしていて、最初期のSRであり、漫画でも印象的な活躍をしたオルゲイトが選ばれました。
他のデーモンでは《暗黒の騎士ザガーン》が初弾であり知名度も高いので候補にありましたが、ザガーンはパワーが7000と高く、序盤に撃てる除去手段が通らないのでパワー6000と軽量除去や殴り返しがぎりぎり通りそうなオルゲイトを優先しました。ザガーンを戦場に出したら一方的に勝つに決まっているのでつまらないのです!

他には《メテオ・ドラゴン》も候補でした。初弾のドラゴンはこれと《ボルシャック・ドラゴン》だけで、ボルシャックはどうみても勇者側のカードで魔王には似合わないので却下。
パワーも6000ラインと理想的でしたが、デーモンの方が似合うので現在は不採用です。

1053.jpg

《腐食虫スワンプワーム》
Cipで《死の宣告》。
トークン生成カードが好きなので枚数を増やす意味で入れてみました。
《魔刻の斬将オルゼキア》とかに換わるかもしれません。

ダーク・クラウン計略

《ダーク・クラウン×2》
《ダーク・クラウン》トークンを2体生成します。
トークン生成のメリットの一つに、1枚のカードで複数のクリーチャーを生成させることがあります。
逆スレイヤーとはいえ6000のブロッカーが2体出れば、勇者たちの攻撃をかなり防いでくれるでしょう。
以前は《天空の守護者グラン・ギューレ》1体を生成させていたのですが、あまりの鉄壁っぷりに過小評価していたことを思い知らされ、弱体化の意味もあってクラウンにしています。

ボーン・スライム計略

《ねじれる者ボーン・スライム×3》
こちらは殴れるブロッカーを3体生成します。
一回殴ったら死ぬとはいえ攻撃ができるブロッカーは使い勝手がよく多くの状況で当たりになる計略です。
《魔刻の騎士オルゲイト》との相性は抜群で、最大で11打点にもなります。
雑魚を大量にばら撒く系のボスをイメージして採用してみました。

6006.jpg

《インビンシブル・アビス》
魔王の奥義その1。
相手プレイヤーを一人選んで全破壊します。
終盤で魔王が追い込まれてもこれで逆転することもしばしば。
10万円払って大根を買うようなものと喩えられるほどの極悪な燃費を誇る呪文ですが、魔王の力の前では問題になりません。

21014.jpg

《デビル・リンク・タブー》
魔王の奥義その2
相手プレイヤー一人を拘束します。
一人拘束している間に他の勇者の対処にリソースを割くことができます。
勇者の数が減った状態でこれが唱えられるとそのままゲームエンドになりかねないほどの威力があります。

6057.jpg

《ヘル・スラッシュ》
プレ殿カードであるデッキ破壊。
殿堂ルールでは禁止カードであり、殿堂ゼロでも出番はない上にサイクリカや目的不明で唱えられるフューチャー・スラッシュの方が強いと言われ、多人数戦であるDMEDHでも殆ど使われないカードですが、計略としては魔王の雰囲気とよく合っています。
なんだかんだで食らってみるとやはりえげつない効果だというのを再認識させられます。

《ガンヴィート・ブラスター》
《デビル・ハンド》
《真実と偽りの境界》
単体除去+α。
DMEDHにおける運用を想定しているため、序盤から効果のあるカード、つまりアドバンテージを稼いだりマナ破壊をするカードはワンサイドゲームを引き起こすのであまり採用していません。そのためこういった除去を多めに採用しています。
たとえ序盤で唱えたとしても除去以外の効果が腐らず使用でき、中盤以降からは本領を発揮していきます。
《デビル・ハンド》の墓地肥しは一見地味に見えますが、《インフェルノ・サイン》
《龍素知新》があるので案外侮れません。

《トンギヌスの槍》
万能除去カード。
唯一入っているマナ破壊でもあります。

《魔弾 ベター・トゥモロー》
打点強化。ボーン・スライムをばら撒いた後に唱えれば効果絶大です。
以前は《インビンシブル・パワー》だったのですが、魔王のイメージにそぐわなかったため、Mロマで撃たれまくって悪役のイメージがあるこれに(カード自体はそんなに悪役っぽくない、風評被害、Mロマが悪い)。
計略デッキに入っているカードはカードタイプが「計略」に上書きされるため、ナイト・マジックの「バトルゾーンに自分のナイトがあれば、この呪文の能力をもう一度使ってもよい」というテキストは、バトルゾーンにナイトがいても不発になります。

《インフェルノ・サイン》
《龍素知新》
墓地利用。
《インフェルノ・サイン》は《無情秘伝LOVE×HATE》《地獄門デス・ゲート》の時もありましたが、強すぎたのと《龍素知新》と対になるので《インフェルノ・サイン》にしました。
墓地を使うのは魔王っぽいのでもう一枚ぐらいリアニメイトや墓地回収があってもいいかも知れません。《月の死神ベル・ヘル・デ・スカル》とかよさそうです。

5029.jpg

《策略の手》
ピーピングハンデス。呪文版《解体人形ジェニー》
相手プレイヤーが複数いるため一見地味ですが、序盤から終盤まで安定して活躍します。

30011.jpg

《キサナティック・X》
プレイヤーを跨いで複数のクリーチャーに対応できる除去カード。
強制効果なので唱えるタイミングによっては足を引っ張ることがあるため、そういったケースが増えてきたら《テレポーテーション》あたりと交換することになりそうです。
同士討ちを見るのは最高の気分になることでしょう!

《金縛の天秤》
ドローor2体無力化。
序盤から終盤まで、攻めにも守りにも使える万能カードです。
ドローカードを20枚中2枚以上は入れたかったため、《龍脈術 水霊の計》《爆進エナジー・スパイラル》《オリジナル・ブレイン》などの候補から選ばれました。

《フェニックス・ライフ》
マナブースト&シールド追加
純粋なマナブーストで唯一入っているカードで、序盤に撃てれば大きく有利を取れてしまいます。
DMEDHの規制方針に大量マナブーストカードがあるのと同じく、計略デッキでもマナブーストの扱いは慎重にせざるを得ませんでした。

37026.jpg

《ジェスター・ブレイン》
ドローカード。
相手プレイヤーがシールドを加えることで実質的にドロー量が減る効果があります。
元ネタの計略カードに勇者側に選択を迫るカードがあったため入れてみました。
勇者からすれば自分の命を削って仲間のために魔王の力を削げるわけですね。

《フェアリー・ギフト》
コスト軽減。
通常のギフトと違って手札が減らないうえに唱えるコストも払っていないのでいつもよりコストの軽減量が上がっています、強い!
先に説明したとおりマナブーストカードを入れにくいための擬似マナブーストですが下手をしなくてもマナブーストより強いことも。
しかし後が続かないのでやはり一長一短です。
《キリモミ・ヤマアラシ》でもいいかもしれません。

いかがだったでしょうか。
魔王戦は元々DMEDHのメンバーが3人しか集まらなった時に普通の無差別戦以外のことをしたかったのがきっかけで、1対2と1対3の両方に対応するルールを整備しました。1対複数戦はどちらに属してもいつもと違った多人数戦を楽しむことができるのでとてもお勧めです。
4人の時の無差別戦、5人の時のペンタゴン、そして3人の時の魔王戦と、DMEDHデッキで様々な変種ルールで遊べるようになるといつでも新鮮な気分でゲームができるため、これからもプレイヤーが多様な尺度を持てるゲームを目指して整備を進めていきます。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://melkiss063.blog.fc2.com/tb.php/388-7d2e2798
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。