上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
dmr01-032.jpg

今日は通常環境用のデッキ記事です。
かなりおすすめ!

関連記事:デッキ 赤緑黒フレア・エッグ
■デッキレシピ

重連ドラ

4 x 偽りの王 ヴィルヘルム
4 x ニコル・ボーラス

1 x 勝利宣言 鬼丸「覇」
4 x 王・龍覇 グレンモルト「刃」
4 x 竜星バルガライザー
4 x メガ・マナロック・ドラゴン
4 x 竜のフレア・エッグ

4 x 邪帝類五龍目 ドミティウス
1 x ミステリー・キューブ
1 x ガチンコ・ルーレット
4 x フェアリーの火の子祭

4 x 悪魔龍 ダークマスターズ

1 x ホーガン・ブラスター

1 x 覇闘将龍剣 ガイオウバーン/勝利の覇闘 ガイラオウ
1 x 闘将銀河城 ハートバーン/超戦覇龍 ガイNEXT
1 x 銀河剣 プロトハート/星龍解 ガイギンガ・ソウル
1 x 爆熱剣 バトライ刃/爆熱天守 バトライ閣/爆熱DX バトライ武神
2 x 龍魂教会 ホワイティ/極真龍魂 オール・オーバー・ザ・ワールド
2 x 龍魂遺跡 グリーネ/極真龍魂 オール・オーバー・ザ・ワールド

DSC_2587.jpg

概要は関連記事を参照

■前回からの変更点

超BBPに強力なハンデスドラゴン《ニコル・ボーラス》が収録され、《悪魔龍 ダークマスターズ》と合わせてハンデス8枚体制ができるようになりました。
また、青マナを確保できるようになったため《ホーガン・ブラスター》を採用できるようになり、防御力が大幅に(当社比)向上しました。
そして5マナに繋げるためのブーストカードの重要性が高まったため、《コッコ・ルピア》の枠を《フェアリーの火の子祭》に変更し、安定性が向上しました。

デッキレシピが昔の【キューブブラスター】に近いものになり、キューブリペアとも言えなくない構成になりました。
少し前の【モルトNEXT】にフレア・エッグが採用されており、将来的には他のデッキタイプと統合されていくのかも知れません

《ニコル・ボーラス》
大型ハンデスドラゴン。
性能自体は《メガ・マナロック・ドラゴン》から繋がるダークマスターズの方が優秀ですが、とにかく色が優秀。

《フェアリーの火の子祭》
最も大きな変更点です。
《メンデルスゾーン》と迷いましたが、多色が増えることと安定性からこちらを優先。

《ホーガン・ブラスター》
踏み倒しトリガー。
《ニコル・ボーラス》によって青マナを確保できるようになったため手撃ちで踏み倒すことができます。
トリガーがこれまで《ミステリー・キューブ》1枚のみでしたが、これの採用によって枚数が増え防御力は以前のバージョンの200%です!

《竜のフレア・エッグ》
コンセプトカード。
3ターン目に召喚することで、4ターン目という早期に大型ドラゴンを踏み倒すことが出来ます。
この4ターン目というのは、マナブーストから繋いだ《ミステリー・キューブ》と同速度であり、通ってしまえば踏み倒すドラゴンによっては大きく有利に持ち込むことが出来ます。
このデッキの採用カードの大半がこのカードを活かすための構成になっています。

《ガチンコ・ルーレット》
初動カード。
平均コストも最低コストも高いためGJの勝利は高いため、手札消費無しでマナを伸ばすことができます。
緑マナの枚数が増えたため以前よりも8コストに繋ぎやすくなりました。

《ミステリー・キューブ》
手札から撃って大型ドラゴンを踏み倒し、トリガーとしてチャンスを生む殿堂カード。
殿堂したので1枚積んでいるようなカードですが、4枚使えたら《竜のフレア・エッグ》よりもブーストしてこれを撃つ構成の方が強いため、フレア・エッグを選択する意義はこのカードの規制によってもたらされたとも言えます。

《勝利宣言 鬼丸「覇」》
つよい
ほぼあらゆる状況で他のドラゴンに比べ頭一つ抜けた働きをします。

《王・龍覇 グレンモルト「刃」》
強化型《竜星バルガライザー》といったドラゴン。
基本的には《爆熱天守 バトライ閣》を最優先しますが、相手ターン中に出たら《龍魂教会 ホワイティ》2枚で2体フリーズして防御カードにもなります。

《邪帝類五龍目 ドミティウス》
踏み倒せる対象は
4 xメガ・マナロック・ドラゴン
4 x悪魔龍 ダークマスターズ
4 x竜のフレア・エッグ
と、以前のバージョンよりも数が減りましたが、基本的には《メガ・マナロック・ドラゴン》と《悪魔龍 ダークマスターズ》のどちらかを踏み倒せれば十分です。
緑マナ確保の役割もあります。

《偽りの王 ヴィルヘルム》
早期踏み倒し定番の大型ドラゴン。
ランデス&除去&マナブーストで妨害をしながら次の動きに繋げることができます。
マナ基盤としての役割も大きいです。

《竜星バルガライザー》
SAであり、ドラゴンを踏み倒してさらなる展開を狙います。
9コストドラゴンよりも早く手から出すことができ、《ガチンコ・ルーレット》が絡めば5ターン目に繋がります。

《悪魔龍 ダークマスターズ》
ハンデス。
早期踏み倒しにより強力な妨害ができ、《邪帝類五龍目 ドミティウス》で踏み倒すことが出来ます。
《メガ・マナロック・ドラゴン》から繋いで出すことで、ペースを握ることが出来ます。

《メガ・マナロック・ドラゴン》
ソフトランデス。
早期踏み倒しで大きくテンポを取ることができます。
複数重ねて押し切るゲームも少なくありませんが、基本的な役割は時間稼ぎであり、《悪魔龍 ダークマスターズ》に繋いでペースを取り、大型ドラゴンの手出しまで時間を稼いでもらいます。

■おまけ



実は前にこんなクソ動画を作っていました。DMバラエティ特番らしいです。
撮ったのが前のレシピの時なのでこのデッキの参考にはなりませんが、暇があったらどうぞ。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://melkiss063.blog.fc2.com/tb.php/387-c698300b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。