上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
dmr01-032.jpg


今日は珍しく通常環境用のデッキ記事になります!

CSやGPに出る機会があったら使おうと思っていたデッキで、大好きなデッキなんで見てやってください。
重連ドラ

1 x 勝利宣言 鬼丸「覇」
4 x 王・龍覇 グレンモルト「刃」
4 x 竜星バルガライザー
4 x メガ・マナロック・ドラゴン
2 x ボルシャック・NEX
2 x 仰天無双 鬼セブン「勝」
4 x 竜のフレア・エッグ
4 x コッコ・ルピア

4 x 邪帝類五龍目 ドミティウス
1 x 緑神龍ミルドガルムス
1 x ミステリー・キューブ
1 x ガチンコ・ルーレット

4 x 悪魔龍 ダークマスターズ

4 x 偽りの王 ヴィルヘルム

1 x 覇闘の将龍剣 ガイオウバーン/勝利の覇闘 ガイラオウ
1 x 銀河剣 プロトハート/星龍解 ガイギンガ・ソウル
1 x 爆熱剣 バトライ刃/爆熱天守 バトライ閣/爆熱DX バトライ武神
2 x 龍魂教会 ホワイティ/極真龍魂 オール・オーバー・ザ・ワールド
2 x 龍魂遺跡 グリーネ/極真龍魂 オール・オーバー・ザ・ワールド
1 x 無敵剣 プロト・ギガハート/最強龍 オウギンガ・ゼロ

《竜のフレア・エッグ》の踏み倒しに特化したドラゴンデッキ、「重連ドラ」です。
原型は4年前の記事で紹介したフリー用のデッキで、今回燃えろ!ドギラゴンで《メガ・マナロック・ドラゴン》と《悪魔龍 ダークマスターズ》を獲得したことにより、遅いデッキに滅法強くなりました。

特に《メガ・マナロック・ドラゴン》はサブルートの《コッコ・ルピア》から繋がる6コストで、《紅神龍バルガゲイザー》が陳腐化した昨今嬉しい強化です。

《竜のフレア・エッグ》
コンセプトカード。
3ターン目に召喚することで、4ターン目という早期にに大型ドラゴンを踏み倒すことが出来ます。
この4ターン目というのは、マナブーストから繋いだ《ミステリー・キューブ》と同速度であり、通ってしまえば踏み倒すドラゴンによっては大きく有利に持ち込むことが出来ます。
このデッキの採用カードの大半がこのカードを活かすための構成になっています。

《コッコ・ルピア》
連ドラの初動が《エコ・アイニー》→《メンデルスゾーン》と移って忘れられて久しい初動カード。
初動カードとしては《竜のフレア・エッグ》が引けなかった時の5~8枚目で、6コストのドラゴン、特に《メガ・マナロック・ドラゴン》に繋ぎます。
4ターン目に出てくるのはブースト→ブーストと同速であり、コッコが通ればそのまま一方的にマウントを取ることもできます。
3tコッコ→4tマナロック→5tダークマスターズと動くのが理想的なサブルートです。

このデッキにおいてなぜ初動カードとして《メンデルスゾーン》ではなくこちらを採用しているかという理由ですが、《竜のフレア・エッグ》と好相性である《ボルシャック・NEX》《邪帝類五龍目 ドミティウス》から踏み倒すことができ、それらのカードを擬似マナブーストとして運用することが出来る点です。

《ガチンコ・ルーレット》
初動カード9枚目。
平均コストも最低コストも高いためGJの勝利は高いため、手札消費無しでマナを伸ばすことができます。
3tルーレット→4tルーレットルーレットの2回目を撃てる緑マナを確保できるか怪しい場合がありますが、どのみち8コストのカードは《竜星バルガライザー》4枚だけなので、7コストの《悪魔龍 ダークマスターズ》に繋ぐことも意識して採用。
それでも緑の枚数が少なめなのもあって調整枠であり、抜ける候補ではあります。

《ミステリー・キューブ》
手札から撃って大型ドラゴンを踏み倒し、トリガーとしてチャンスを生む殿堂カード。
殿堂したので1枚積んでいるようなカードですが、4枚使えたら《竜のフレア・エッグ》よりもブーストしてこれを撃つ構成の方が強いため、フレア・エッグを選択する意義はこのカードの規制によってもたらされたとも言えます。

《勝利宣言 鬼丸「覇」》
つよい
ほぼあらゆる状況で他のドラゴンに比べ頭一つ抜けた働きをします。

《王・龍覇 グレンモルト「刃」》
強化型《竜星バルガライザー》といったドラゴン。
基本的には《爆熱天守 バトライ閣》を最優先しますが、相手ターン中に出たら《龍魂教会 ホワイティ》2枚で2体フリーズで防御カードになったりと、柔軟な対応ができます。

《邪帝類五龍目 ドミティウス》
踏み倒せる対象は
4 xメガ・マナロック・ドラゴン
4 x悪魔龍 ダークマスターズ
1 x緑神龍ミルドガルムス
2 x仰天無双 鬼セブン「勝」
2 xボルシャック・NEX
4 x竜のフレア・エッグ
4 xコッコ・ルピア
であり、早期の踏み倒しにより極めて理不尽な盤面を形成することが出来ます。
基本的には《メガ・マナロック・ドラゴン》と《悪魔龍 ダークマスターズ》のどちらかを踏み倒すか、《ボルシャック・NEX》《コッコ・ルピア》で手札から《メガ・マナロック・ドラゴン》を召喚できればいいので、当たりのパターンも多いです。

《偽りの王 ヴィルヘルム》
早期踏み倒し定番の大型ドラゴン。
ランデス&除去&マナブーストで妨害をしながら次の動きに繋げることができます。
マナ基盤としての役割も大きいです。

《竜星バルガライザー》
SAであり、ドラゴンを踏み倒してさらなる展開を狙います。
9コストドラゴンよりも早く手から出せる点が魅力。

《悪魔龍 ダークマスターズ》
高性能なハンデスドラゴン。
早期踏み倒しにより強力な妨害ができ、《邪帝類五龍目 ドミティウス》で踏み倒すことが出来ます。
《メガ・マナロック・ドラゴン》から繋いで出しすことで、ペースを握ることが出来ます。

《緑神龍ミルドガルムス》
調整枠。
《ガチンコ・ルーレット》を撃つ緑の枚数が少なかったのと、《メガ・マナロック・ドラゴン》から繋いで9コストに繋ぐことができ、《邪帝類五龍目 ドミティウス》で踏み倒すことができるため採用。

《メガ・マナロック・ドラゴン》
強力なソフトランデスドラゴン。
早期踏み倒しで大きくテンポを取ることができ、サブルートである《コッコ・ルピア》から繋ぐことができます。
基本的な役割は時間稼ぎであり、《悪魔龍 ダークマスターズ》《緑神龍ミルドガルムス》に繋いでペースを取り、大型ドラゴンの手出しまで時間を稼いでもらいます。

《仰天無双 鬼セブン「勝」》
《ボルシャック・NEX》とともに《コッコ・ルピア》から繋がる6コストドラゴンの5~8枚目。
トリガー化による防御とシールドからの踏み倒しが一体化したドラゴンですが、《竜のフレア・エッグ》から出てくるドラゴンの中では一番弱く、できることなら抜きたいのですが、デッキの防御力がほとんどないので補うために採用。
《デュエマの鬼!キクチ師範代》を無視できるメリットもあります。

《ボルシャック・NEX》
《仰天無双 鬼セブン「勝」》とともに《コッコ・ルピア》から繋がる6コストドラゴンの5~8枚目。
《竜のフレア・エッグ》から踏み倒すことで、そのターン中に手札から6コストドラゴン、特に《メガ・マナロック・ドラゴン》に繋ぐことが出来ます。
《コッコ・ルピア》から繋いで9コストドラゴンに繋ぐことは想定にはありますが、現環境で妨害されずにそこまで行くのはかなり無理があります。
デッキのドラゴン率を上げる役割もあります。

《爆熱天守 バトライ閣》
最優先で踏み倒します。

《覇闘の将龍剣 ガイオウバーン》
火力除去と殴り返しによる防御カード

《銀河剣 プロトハート》
打点追加。調整枠

《龍魂教会 ホワイティ》
フリーズ。
ブロッカー等を無力化したり、《仰天無双 鬼セブン「勝」》《ミステリー・キューブ》で相手ターン中に出たら2枚出して2体止めることが出来ます。

《龍魂遺跡 グリーネ》
マナブースト。
《嘘と盗みのエンターテイナー》等の踏み倒し対策がいる時に使用。2ブーストで6コストドラゴンに繋ぎます。

《無敵剣 プロト・ギガハート》
除去耐性付与。
黒単を意識して採用

いかがだったでしょうか。
【赤単ガトリング】や【黒緑速攻】が少ない環境でお勧めできます。
《フレイムランス・トラップ》や《勝利天帝G・メビウス》を積んで多少の勝率を上げる案もありましたが、折角の踏み倒しデッキなので出力重視にしました。
元々がフリー用のデッキなので、そちらを目的に組むのもお勧めです。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://melkiss063.blog.fc2.com/tb.php/372-8ab71c8e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。