上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
REV第1弾である燃えろ!ドギラゴンの発売日が迫ってきましたね。
EDHでも早速使ってみたいカードがたくさんあり、早く全収録カードが知りたいところです。

今回はそんなREVを迎える前に、前ブロックであるドラゴン・サーガを振り返ってみることにします。


DSは単色推し、特に火文明推しが今までと比べても著しいブロックで、数々の強力カードがEDHでも使用されていました。
そんなDSの火のビクトリーカードを、DMEDHの視点から振り返っていきましょう。

ドラゴ大王
3色禁止。
修羅VANとの組み合わせでクリーチャーをほぼ完全にロックし、呪文ロックを加えることでで実質的なエクストラウィンになります。
リースカラーで割と完全ロックが決まり、3色禁止となりました。
ただワルド・ブラッキオが1枚で強力なクリーチャーロックすることもできるため、そういう意味では規制自体は緩めてもいいような気はしています。
しかしこのカードの本質は弱いものいじめであり、普段採用されていないカードを積極的に使えるようにしたいDMEDHにとってあまりいいカードとは言えないため考えどころです。

ガイギンガ

通常環境に比べてEDHではそこまで暴れていない印象。
多人数戦なので単純なビートダウン向けカードが弱体化するわかりやすい例と言えます。
超次元統率者としてはかなり有力な赤単統率者です。
エクストラターンに関するルール変更では、本来は完全にエクストラターンを行えないようにルール変更する予定だったのですが、このカードの存在により、今の規制リストによる対応ということになりました。
規制リストを短くまとめるのとガイギンガを不要な弱体化させないとでガイギンガを選んだ形になりますが、今後規制リストの短縮の方が重要であると見なさせれた場合、再度ルール変更する可能性はあると思います。

ガイグレン
禁止
マナ武装9を達成してしまえば1枚でゲームを終わらせられる即死カードです。
当初はマナ武装達成の難易度が高いことや、シールドを殴っていくタイプの即死カードだったので様子を見ていました。
しかし予想以上にこのカードがプールに存在することに対するヘイトが高く、ガイグレンを積んでいるいないに関わらず赤単を初めとした赤入りデッキが集中攻撃を受けることになったため、禁止することになりました。

ガイバーン
グレンモルトを使うデッキ以外はガイオウバーンを優先するため、通常環境以上に
採用されませんでした。

Gメビウス
3打点の二回攻撃で実質6打点で6000火力も2回撃てます。
カツマスターと並んで、赤の汎用ファッティとして様々なデッキに採用されています。
1枚のクリーチャーの単体攻撃力としては規制されないギリギリのラインなのではないでしょうか。

オウギンガ
禁止
グレンモルト覇、グレンモルト王とマナ武装7のドラグナーから使用される他、超次元統率者としても猛威を振るいました。
龍解してしまえば本体の3打点と合わせてネバーラストで6打点、ガイギンガソウルで7打点、デスゴロスだと9打点近く作ることができ、選ばれた時にも効果が発動するため、あまりに強すぎるため禁止ということになりました。
マナ武装が緩くなったとはいえ個人的にはガイグレンよりはマシな気がするので、今後インフレが進めばレディオ・ローゼスのように緩和される可能性があると思っています。
グレンモルト覇が統率者としてかなり有力なのもあり、今後また超次元ゾーンを使用するシステムが登場し、次元ゾーンにドラグハートを入れにくくなった時あたりが考え時でしょうか。

バトライ武神
禁止
ウェポン、フォートレス、クリーチャー時どれも強力無比であり、フォートレス→クリーチャーの龍解タイミングにも恵まれており、龍回避まで持っていると全く隙が見当たりません。

ガイラオウ
赤の大型ドラグナーから出てくる除去。
龍解後は防御カードになるのが優秀です。

剣聖ジゲン
ファイナルストームとのコンビ禁止
無限掌持ちのSA3打点というだけでも強力なのに、サイキックとドラグハートを裏返すことが出来ます。
相手のドラグハートを除去するだけでなく、無限掌効果との組み合わせでフォートレスを裏返してクリーチャーにしてクリーチャーで殴り、その殴ったクリーチャーをフォートレスにすることで半無限アタックしたり、Q-ENDとダイスーシードラの即死コンボを補助したりと実に様々なコンボのパーツになります。
今のところコンビ禁止だけですが、怪しいカードではあります。

モルトNEXT
ガイNEXTとのコンビ禁止
マナ武装5と龍マナ武装の2つのマナ武装を持ち、それぞれの条件は緩めです。
ハートバーンとのデザイナーズコンボは7打点と通常ならワンショット、EDHでも1人のシールドを全部割り切ることが出来ます。
ハートバーンがなくてもガイハートで6打点と7マナにも関わらずGメビウスと同じ打点を持ち、そこを見ても非常に強力です。

ガイNEXT
モルトNEXTとのコンビ禁止
モルトNEXT、モルト覇、モルト刃から展開します。
モルトNEXTは前述した通り7マナで7打点のワンショットで、モルト覇は統率者としてもよく使用されており、ハートバーン設置からのガイハートやガイオウバーンでの龍解で打点を生成します。
やはりというべきか龍回避が特に強力です。

まとめると、11枚の赤のビクトリーのうち、3枚が禁止、1枚が色規制を受け、3枚がコンビ禁止になっており、過半数が何らかの規制を受けたことになります。
これは正直多いと言わざるをえません。
EDHの規制の基準がインフレが進むカードパワーに対して厳しすぎると言えます。
当初からEDHの規制はひたすらデフレを進めるもので、こうなることはある程度予想していたのですが、こうも新弾でカードが出るたびにトップレアを規制しているのはあまりいいこととは思えません。
規制リストもかなり長くなってきたため、規制カードを減らす方法と増やさない方法も見つけていかなければなりません。

新弾のレアを次々に規制していったのはDS以前にもE2がそんな感じでありました。
ゼニスの1枚制限ルールはそのような背景があって作られたものであり、今後REVでもこの調子でEDHにおいて強力すぎるカードが次々と出てきたら、何らかの追加ルールを設けたり、規制を全体的に緩めることを検討することになると思います。
E2の後のE3は比較的カードパワーが落ち着いたため、REVもそうであるならDSの規制カード連発は一時的なものと捉えることができるのですが、楽しみであり不安でもあります。
燃えろ!ドギラゴンのトップレアであるレジェンドレア2枚をも見ていきましょう。

レッドゾーン
cip除去持ちの3打点で、侵略による踏み倒しで強力なスペックに対して非常に低コストで使用することが出来ます。
強力なビートダウンカードですが、ガイギンガと同じようなポジションのいい感じの強さになりそうです。

ドギラゴン
革命2でcipの次のターンまでの敗北回避、革命0でなんと無限アタックできます。
無限アタックはガイグレンを思い起こさせて非常に嫌な予感がします。
革命2だけで見ても、アクア・ナルトサーファーやシャドーウェーブ・サイクロンで使いまわすだけでそのうち勝てるような気もします。
もし規制するとしたら3色以上禁止もしくは2色以上禁止あたりで、逆転のオーロラと母なる星域が両方とも自然文明であるのが怪しいところであります。

今のところこの2枚は禁止にするほどではありませんが、DSも2弾からが本番だったので現状では何とも言えない感じではあります。

赤のカードは高打点のクリーチャーが、ある一定のラインを超えると即死カードなってしまい規制されるというパターンが多いですので、それの閾値を見定めたいところです。
ゲームスピードを下げ過ぎると今度はグダグダになってしまうため、難しいところではありますが。

とはいえREVは本当に楽しみで、早く新カードを使ってDMやDMEDHをやりたいです。
土曜日が待ち遠しいですね。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://melkiss063.blog.fc2.com/tb.php/368-f637dbf3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。