上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日はEDHデッキのレシピになります。
『DMEDH 5色オールオーバーザワールド』

統 五邪王 ニガ=ヴェルムート

1 x 飛散する斧 プロメテウス
1 x 炎槍と水剣の裁

1 x 光牙王機ゼロカゲ
1 x 龍覇 セイントローズ
1 x 真・龍覇 ヘブンズロージア
1 x 不滅の精霊パーフェクト・ギャラクシー
1 x 龍覇 レグルスフィア
1 x 光器パーフェクト・マドンナ
1 x 純潔の信者パーフェクト・リリィ
1 x 五連の精霊オファニス
1 x 光牙忍ハヤブサマル
1 x アポカリプス・デイ
1 x インパクト・アブソーバー

1 x ν・龍覇 メタルアベンジャー R
1 x 斬隠オロチ
1 x 龍覇 M・A・S
1 x 龍覇 メタルアベンジャー
1 x 龍覇 トンプウ
1 x アクア呪文師 スペルビー
1 x スペース・クロウラー
1 x サイバー・ブレイン
1 x クリスタル・メモリー
1 x ドンドン吸い込むナウ

1 x 威牙の幻ハンゾウ
1 x 極・龍覇 ヘルボロフ
1 x 魔龍バベルギヌス
1 x 真実の名 ビバ・ラ・レヴォリューション
1 x 龍覇 ウルボロフ
1 x 凶星王ダーク・ヒドラ
1 x 龍覇 ニンジャリバン
1 x 白骨の守護者ホネンビー
1 x 地獄門デス・ゲート
1 x インフェルノ・サイン
1 x イモータル・ブレード

1 x 王・龍覇 グレンモルト「刃」
1 x 龍覇 グレンモルト
1 x 龍覇 スコッチ・フィディック
1 x キャノンボール・スリング
1 x 炎晶バクレツ弾

1 x 邪帝類強欲目 カリグラーティ
1 x 界王類邪龍目 ザ=デッドブラッキオ
1 x 恐・龍覇 サソリスレイジ
1 x 二角の超人
1 x 龍覇 マリニャン
1 x 霞み妖精ジャスミン
1 x ダンシング・フィーバー
1 x グローバル・ナビゲーション
1 x 母なる紋章
1 x 一極両得 マクノカ&ヌクノカ
1 x ガーデニング・ドライブ
1 x ブラッサム・シャワー
1 x 神秘の宝箱
1 x フェアリー・ミラクル
1 x お清めトラップ
1 x ピクシー・ライフ
1 x ハッスル・キャッスル

1 x 「祝」の頂 ウェディング
1 x 真実の王 ヴィオラ・ソナタ
1 x 神聖麒 シューゲイザー

1 x 真聖教会 エンドレス・へヴン/真・天命王 ネバーエンド
1 x 龍波動空母 エビデゴラス/最終龍理 Q.E.D.+
1 x 龍魂城閣 レッドゥル/極真龍魂 オール・オーバー・ザ・ワールド
1 x 龍魂遺跡 グリーネ/極真龍魂 オール・オーバー・ザ・ワールド
1 x 龍魂教会 ホワイティ/極真龍魂 オール・オーバー・ザ・ワールド
1 x 龍魂要塞 ブルニカ/極真龍魂 オール・オーバー・ザ・ワールド
1 x 龍魂宮殿 ブラックロ/極真龍魂 オール・オーバー・ザ・ワールド
1 x 神光の龍槍 ウルオヴェリア/神光の精霊龍 ウルティマリア

■オールオーバーについて

《極真龍魂 オール・オーバー・ザ・ワールド》は全体に大きく干渉し、デッキの色を選ばないフィニッシャーであるので、出た当初は即死カードとしてEDHで禁止にするのではないかと思われていましたが、試してみたところひとまず大丈夫そうということになりました。

バトルゾーン、手札、墓地を全てデッキに戻してしまうため強制的にトップ勝負に持ち込みつつ、自身は離れないワールドブレイカーとしてトップ勝負を有利に進めるフィニッシャーですが、マナゾーンやシールドゾーンには触らない点、超次元ゾーンの枠を5枠も取られる点、トップ勝負はEDHでは最大1対3になってしまう点、自分のクロスギアやフォートレスも含むバトルゾーンも巻き込むのでワールドブレイクした後にプレイヤーを倒し辛く1対3が続いてジリ貧になる点、オールオーバー自身もカード除去や勝利プリン、マドンナ等の弱点がEDHにおいて頻繁に使用される点などを考え、今のところ規制しなくても問題ないと判断しました。
既存の方法では規制しにくいので残したいというのもあります。

■デッキ・カードについて
オールオーバーへのV字リンクを狙います。
なるべく自分の有利な状況でスーパー龍解したいので、PG、マドンナ、リリィ、ハッスルなどを用意したいところ。

《五邪王 ニガ=ヴェルムート》
超次元統率者。
5色の汎用的な統率者である《星龍パーフェクト・アース》《ミラクル・ルンバ》《星龍グレイテスト・アース》に比べると重いですが、オールオーバー龍解後のトップ勝負ではマナが余るので気になりません。
ストーリー上の関連もあり、そういう意味でもデッキに合った統率者なんじゃないかと思います

《五連の精霊オファニス》
フォートレスを並べていくのでG0の条件を満たしやすく、ドラグナーを回収したりシノビループで守ったりできます。

《インパクト・アブソーバー》《イモータル・ブレード》
オールオーバーが揃うまでの時間を稼いでもらいます。龍解時にまとめて吹き飛ぶので始末も気にしなくてもよく、カード除去のデコイにもなります。

《真実の名 ビバ・ラ・レヴォリューション》
マドンナ対策。一応プレミアムマドンナを狙うこともできたりしますが、GJはあまり強くないので微妙な気もします。

《神聖麒 シューゲイザー》
5コストドラグナーを出して《龍魂城閣 レッドゥル》でSAにしてまた5コストドラグナーを出したりと、少ないコストでフォートレスを展開できます。

《「祝」の頂 ウェディング》
ゼニス枠。
通常に比べて多人数戦では大幅に使い勝手が悪くあまり使われないゼニスですが、オールオーバーを使う以上修羅VANに対して後出しできることが求められており、トップ勝負になった時の制圧力の高さは通常と比べても謙遜ないためゼニスとして採用しました。

《真聖教会 エンドレス・へヴン/真・天命王 ネバーエンド》
龍解条件が緩く、オールオーバーの龍解時に真エスケープで手札を補充でき、効果によってマドンナを無力化できるなどオールオーバーとは好相性です

龍解のタイミングが難しいですが、デッキの目的がはっきりしてる上に新規のカードが中心のため、初心者にもお勧めできるデッキだと思います。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://melkiss063.blog.fc2.com/tb.php/363-52703601
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。