上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDHの最近のカードで扱いに悩んでるものについて幾つか書いておこうと思います。
《邪帝斧 ボアロアックス/邪帝遺跡 ボアロパゴス/我臥牙 ヴェロキボアロス》

展開型のフォートレスです。
同じく展開型であるバトライ閣は禁止にせざるを得ないスペックを持っておりましたが、これも非常に凶悪なカードであります。

まず特筆するのはその踏み倒し範囲の広さです。クリーチャーの召喚だけでコスト5以下の自然が出るため、ラグマールがマナにいればクリーチャーの召喚の度に除去を行いながら1マナ浮かせることが出来ます。
終盤ではインカあたりを出しながら適当に展開してキリューやダイヤモンドソードでSAにするだけで手軽にフィニッシュすることもできます。

フォートレスというだけで除去手段が限られており、ドラグナーであるサソリスが破壊されてもマナゾーンに行くため回収がしやすく、除去されても簡単に立て直すことが出来るため、後出しで対処するのも難しいです。

マナゾーンの文明追加に関するルール変更によって通常環境で使われているライヤループはできませんが、コスト軽減やアラゴト・ムスビを絡めたララバイループを組むこと自体はできるため、その点でも危険なカードと言えます。

ただストライク・バックやリベンジ・チャンスといったカードを絡ませることによって相手ターン中に動いて邪魔をするというギミックができるカードでもあり、EDHでは防御カードの規制は緩くしているため、その点で擁護することが出来ます。
多人数戦の駆け引きを奥深くするという要素がありますからね。

方針としては、緑単色のララバイループを試験して、それの結果で規制を決めようと思っています。

《爆砕面 ジョニーウォーカー》統率者

twitterでは既に話題になっていましたが、統率者にすることにより今までのジャスミン統率者を赤緑で組むことが出来るようになります。

この手の統率者のメリットとデメリットは

メリット
・初動が安定し、事故率が非常に低くなる
・手札を減らさずマナを伸ばすことが出来る
・マナが毎ターン2倍で伸びるため、早いターンでコストの重いカードで仕掛けることが出来る
・初動ブーストの枠をごっそり削ることが出来るため、構築の自由度が上がり、トップも強くなる

デメリット
・統率者が弱いため、常に手札のカードで勝負することになる
・統率者ドローを行うのが困難
・上記の要素により、ハンデスされた時の立て直しが弱い
・序盤から派手に動くことになる為、ヘイトが高くなる

と、デメリットもありますが、メリットが非常に多いことがわかります。
特にジョニーウォーカーの場合、組む色が赤というのが大きく、赤のSA持ちのパワーカードを投げ続けることにより、一度崩された時の立て直しの弱さをカバーすることができます。
特にRSFKなんかはGJも強くなっているのでかなりやばいような気がしています。

また、非常に主観的な内容になりますが、ジョニーやジャスミンといった統率者は、統率者システムの穴を突いたギミックであるため、邪道感を感じないこともないです。
ジャスミンならまだ単色なので許せないことも無いのですが…

しかしそもそも赤緑にはタイガというこれまた統率者ドローシステムの穴を突いた強力な統率者がいるため、ジョニーウォーカーを規制しても赤緑デッキの強さ自体にはそこまで大きく影響しないのでは、という疑問もあります。

ただDMEDHはゴッド統率者や超次元統率者がそうであるように、基本的に統率者の選択肢は多くしたいと思っています。
現在統率者禁止になっているクリーチャーはハヤブサマルとサイキック・スヴァの2体であり、それぞれ強すぎる、召喚したら問答無用でゲームが終わってしまうという理由で統率者禁止になっています。

ジョニーウォーカーがハヤブサマル並みの強さであるか判断するにはまだまだ試行回数が足りておらず、もう少し判断には時間が掛かりそうです。

《二刀龍覇 グレンモルト「王」》及び《無敵王剣 ギガハート/最強熱血 オウギンガ》

被る内容が多いのでまとめます。

グレンモルト「王」がマナ武装7を満たすと何が起こるかと言えば、

グレンモルト「王」召喚、自身の能力でプロトハート、マナ武装でギガハートを装備

ギガハートの効果でグレンモルト王がSAになり2打点で攻撃、プロトハートでアンタップ

もう一度2打点、ギガハートがオウギンガに龍解

SAのオウギンガで3打点、コスト10以下のドラグハート・クリーチャーを踏み倒し、それもSAに

エンド時にプロトハートが龍解

と、合計で7打点+オウギンガで踏み倒したDクリーチャーの打点で攻撃し、バトルゾーンにはグレンモルト「王」、オウギンガ、オウギンガで踏み倒したDクリーチャー、ガイギンガ・ソウルの4体が残ります。
これをグレンモルト「王」1枚で行うことが出来ます。

グレンモルト「王」の攻撃はギガハートの効果によりトリガーしたデスゲートやアポカリといった破壊トリガーのみならずスレイヤーブロッカーまで無力化し、場に残ったオウギンガは選んだ時にもDクリーチャーを踏み倒します。

7打点+αの打点というのは、EDHにおける初期シールドの状態からそのままプレイヤーにとどめを刺すことが出来るということであり、これはティラノ・リンク・ノヴァにすらできない芸当です。
ブロックすることが出来ないノヴァとは単純な比較はできませんが、非常に危険なワンショットカードであることには間違いありません。

マナ武装7という制約ですが、これはガイグレンの検証でわかったことで、思った以上に緩いです。
ガイグレンのマナ武装9ですら、長期戦になるEDHにおいては緑を含まない3色デッキでも達成できてしまっていたため、グレンモルト「王」のマナ武装7はそこまで厳しい縛りではありません。

ただ、ガイグレンとグレンモルト「王」では、止められないとゲームそのものが終わってしまう以上、ガイグレンの方が危険であることは間違いありません。

また、グレンモルト「王」以外にもギガハートを出せるドラグナーとしてグレンモルト「覇」があります。
同じくマナ武装7ですが、自身のコストが7と軽い代わりに、ギガハートを龍解させるにはもう一体のドラゴンか、メタルコックのタイマーなどが必要になります。
グレンモルト「王」と違ってトップ1枚でひっくり返ったり、タイミングによってはアポカリも効いたりするのでグレンモルト「王」よりはマシなイメージですが、それでも強力なことには変わりません。

規制をするなら替えが効くドラグナーよりもギガハートを優先するべきか、それともグレンモルト「王」+ギガハートのパターンをコンビあるいはプロトハートも含めたトリオ禁止にするべきか、難しいところです。

ギガハートを色規制するなら恐らく今のところ2色以上で禁止までは間違いないと思うのですが、マナ武装の性質上単色が最も有効に使えるので、赤単であっても禁止にする可能性もあり、落としどころを探っている状態です。

グレンモルト「王」自体はガイオウバーン+ガイアールや、ガイハート+プロトハートなど、ギガハートが規制されてしまっても十分以上の強さを持っており、グレンモルト「覇」ともども統率者の候補に成り得ます。

統率者と言えば、2色以上で禁止ならばオウギンガも非常に有力な統率者の選択肢になるため、その点でも完全な禁止にするべきか判断が下せないでいます。

こんなところでしょうか

公式戦もあってなかなか規制カードの検証を行えないでいたため判断を下せないものが多いですが、ゆっくり結論を出していこうと思っています。
なるべく早く判断したいところですが、どうか気長にお待ちください。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://melkiss063.blog.fc2.com/tb.php/361-76ad5d1d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。