上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
card01.jpg

今日はEDHデッキの紹介です。簡単な全カードの解説も
『DMEDH 白青ロードリエス』

統 知識の精霊ロードリエス

1 x 鋼流星ペングカイザー
1 x 反撃のサイレント・スパーク
1 x 魂と記憶の盾

1 x 白騎士の開眼者ウッズ
1 x 聖霊龍王 ジーク・キャヴァリエ
1 x 支配の精霊龍 ヴァルハラナイツ
1 x 覚醒の精霊ダイヤモンド・エイヴン
1 x 龍覇 エバーローズ
1 x 導きの精霊龍 サリヴァン
1 x 雷鳴の守護者ミスト・リエス
1 x 栄光の翼 バロンアルデ
1 x 曙の守護者パラ・オーレシス
1 x 秘精機士マンモキャノン
1 x 聖歌の翼 アンドロム
1 x 不屈の翼 サジトリオ
1 x 光陣の使徒ムルムル
1 x 救護の翼 フィルミエ
1 x 霊山の守護者ビックス
1 x 巡霊者ウェビウス
1 x 黙示賢者ソルハバキ
1 x 蒼天の守護者ラ・ウラ・ギガ
1 x 予言者ジェス
1 x 予言者シュウ
1 x 涼風の使徒ラプド
1 x 蒼天の翼 ラウ
1 x 聖騎士メタルサターン
1 x 予言者キュベラ
1 x 星珠の守護者パラ・プロキオン
1 x 奇跡の予言者ラッキー・クルト
1 x 予言者フィスタ
1 x 予言のファミリア オラクルト
1 x 白金の守護者ラ・ブール
1 x アポカリプス・デイ
1 x ダイヤモンド・カッター
1 x パニック・ルーム
1 x パニッシュ・ホールド
1 x グローリー・スノー
1 x ダイヤモンド・ソード
1 x ソーラー・チャージャー
1 x ペトリアル・フレーム
1 x 無敵城 シルヴァー・グローリー

1 x 斬隠オロチ
1 x サイバー・N・ワールド
1 x 龍素記号Bg ニュートン専用パンツァー
1 x シンカイドーベル
1 x マリン・フラワー
1 x アクア・ガード
1 x フィスト・ブレーダー
1 x 賀正電士メデタイン
1 x ゼピメテウス
1 x トロン
1 x ハイドロ・ハリケーン
1 x サイバー・ブレイン
1 x サイバー・ハンド
1 x ブレイン・チャージャー
1 x セイレーン・コンチェルト
1 x スパイラル・オーラ

1 x 「命」の頂 グレイテスト・グレート
1 x トンギヌスの槍

1 x 不滅槍 パーフェクト/天命王 エバーラスト

《ロードリエス》
統率者。
軽量ブロッカーを大量に展開するという戦略の根幹をなすため、これを維持できるかがゲームの展開に直結します。
セイバーやクロスギアで守ったり、タイミングを見計らって立てましょう。

《ペングカイザー》
進化元が揃いやすく、能力もデッキと噛み合うフェニックス。キャヴァリエとも相性が良かったりします。

《サイレント・スパーク》
そこまで要りませんが、入っていると入っていないのでは終盤の読み合いに大きく影響するので入れています。

《魂と記憶の盾》《パニック・ルーム》《サイバー・ハンド》
軽量除去。GTや大王、クロスNEXのようなロックに対して非常に脆く、入っている文明的に除去手段も少ないため軽量除去は意識して入れています。

《ウッズ》
ダイヤモンドな生物。自身がWブレイカーで自動アンタップするのも優秀。

《ジーク・キャヴァリエ》
エクストラウィンはよほど膠着状態にならない限りは狙えないので、基本的にはブロッカーから進化できる11500のインターセプターとして運用します。
とはいえアポカリ+セイバーで一気に揃えることもできるので隙あらば狙っていきたいところ

《ヴァルハラナイツ》
維持できれば大量のクリーチャーをフリーズすることができ、自身でも一体フリーズさせることができるため、非常に優秀

《ダイヤモンド・エイヴン》
ダイヤモンドな生物。グレグレから呼んで4打点を生成することもでき、マナに置きやすい

《エバーローズ》
エバーラスト専用機。今後のカードプールで選択肢が広がることに期待

《サリヴァン》
2ドローしながら踏み倒し。相手にもドローさせてしまいますが多人数戦特有の相互作用によって決してデメリットとはいえず、ヘイトの調整という意味ではむしろメリットととらえることができ、意外と侮れないです。

《ミスト・リエス》
ロリエスが除去されまくってコストが上がりすぎて機能しなくなった時のドローシステム。

《バロンアルデ》《マンモキャノン》《ソーラー・チャージャー》《シンカイドーベル》
3コストのブーストor軽減。4ターン目にロードリエスを立てたいところ

《パラ・オーレシス》《ムルムル》《シルヴァー・グローリー》
軽量ブロッカーのサポート。特にパワーは裁きやHELLなどのことを考えるととても重要

《アンドロム》
マナが伸びにくい上に二色なのでマナ武装はこのあたりが限界。3マナ3500のブロッカーで1体フリーズと考えると破格のスペックです

《サジトリオ》
破壊時にブロッカーを踏み倒せるので、全体除去を食らった後でも壁を一枚立てることが出来ます。
場にロリエスがいなくても気軽にプレイできる点もなかなか

《フィルミエ》《ビックス》
ACのセイバー。主にロリエスの護衛ですが、キャヴァリエのワンショットのパーツにもなります

《ウェビウス》
G0。ロリエスと同時に

《ソルハバキ》《セイレーン・コンチュエルト》
マナ回収。序盤に引いて埋めてしまったグレグレやダイヤモンド系を回収します。

《ラ・ウラ・ギガ》など
総勢19枚の1コストブロッカーです。ロリエス下で大量に並べて場を作ります。

《アポカリ》
定番の全体除去。キャヴァリエセイバーにも

《ダイヤモンド・カッター》《ダイヤモンド・ソード》
ワンショット用のダイヤモンド呪文。並べたブロッカーを打点に変えます

《パニッシュ・ホールド》
GTなどを意識して、シノビよりもこちらの方を優先しました。
そもそも防御はなるべくブロッカーでこなしたいので、あまりシノビの枠を作りたくなかったというのもあります

《グローリー・スノー》
緑抜きの白の必須パーツ。2ブーストは本当に強い

《ペトリアル・フレーム》《スパイラル・オーラ》
ロリエスを守るためのクロスギア。

《オロチ》
最強の防御シノビ。シノビに枠を作りたくないとは言いましたが、流石にこれは抜けませんでした。

《Nワールド》
墓地回収。軽量ブロッカーを並べて手札を切らした後にプレイしたり、相手のシノビを対策したりと役割は多い

《ニュートンパンツァー》
多人数戦での強力なドローシステム。テクノバスターから軽くなった1コストの差は大きいです

《ハイドロ・ハリケーン》
大量ランデス。状況によってはこれがエンドカードになります

《サイバー・ブレイン》
何も考えなくても強い枠で入れていますが、ロリエスが機能し出せばそこまで必要ではなかったり

《ブレイン・チャージャー》
マナが伸びにくいため採用していますが、あまり出番がないため抜けるかも知れません

《グレイテスト・グレート》
ゼニス枠。1コストブロッカーを突然7体出現させたり、エイヴンでSA四打点を飛ばしたりとゼニスらしい派手な動きをします。

《トンギヌスの槍》
万能カード。つよい

《パーフェクト/エバーラスト》
これしか使わないので次元ゾーンにはこれだけしか入っていません。このデッキでは龍解条件は非常に緩く、龍解した後も軽量ブロッカーをサポートしてくれます。


原型は2年前に組んだ試作案であるDMEDH 白青ロードリエス(ダイヤモンド型)で、今回はそれの現行版です。
統率者であるロードリエスを立てて、軽量ブロッカーを大量に展開し、ダイヤモンド系でアタッカーに変えるというシンプルな動きをします。
やはりデッキの統率者への依存度が高いですが、ドラゴン・サーガの軽量ブロッカーのサポートで相性のいいカードが増え、ロリエスが除去されてもある程度の動きはできるようになりました。
このデッキの魅力は何よりも軽量ユニットを大量に操って戦える点で、数の力で強大な敵を打ち倒すというカタルシスを得ることができます。
2年前の記事にある通り、元は白単ガーディアンの派生でありネタが被っている点もあるのですが、白単はマナ武装などの単色強化、こちらは軽量ブロッカー強化とそれぞれのドラゴン・サーガでプッシュされている要素で伸ばすことができるので、これからのカードプールによる強化がとても楽しみですね。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://melkiss063.blog.fc2.com/tb.php/357-7215e8f2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。