上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近のEDHの細かいルール変更についての記事です。
規制カードについても書きたかったんですが、それについてはまたの機会に書こうと思います
・統率者を統率領域に戻すルールを変更

今までは統率者がバトルゾーンから離れた時に戻すことができ、その際に置換効果ではないという補足がありましたが、今回から挙動をサイキック・クリーチャーに合わせて、バトルゾーンからバトルゾーン以外に移動したときに、統率領域に戻すことが出来ます。
これで具体的に何が変わったのかというと、今までは統率者が進化した場合、統率領域に戻すことはできませんでしたが、今回からそれも戻せるようになります。

個人的には今までのルールの方が統率者を進化元にする、しないでの葛藤が生まれていたのでそちらの方が好きなんですが、ドラグハートの登場により次元ゾーンが再フィーチャーされたことにより、前々から違和感のある書き方で直したいと思っており、今回の変更に至りました。
ルール変更の候補としては、他にもMTGの本家統率者戦ルールに合わせてキューブリックのようなどこからでも墓地に置かれたときに戻せるというのもありましたが、マナ送りやシールド送りなど、破壊以外の除去が多いDMでは統率者が簡単に無力化されてしまうという欠点があり、没案になりました。

しかし今回の変更でザビクロー、タイガといった統率者ドロー目的の軽量統率者が強化されましたが、そういった統率者ばかり使われるようになるかもしれないのは正直あまり望ましいものではありません。
ゲームバランス的にそこまで問題というわけではないのですが、どうも大型の統率者を使う上でのメリットを増やしたい感じではあります。
統率者ドローをブレイク・ボーナスにする案がありましたが、ゼロ・フェニックスがドローできなくて弱体化する一方で、四つ牙など強化されすぎる統率者も出てきて全体的なバランス取りが難しい、
なまじ攻撃が通ったメリットが大きすぎるために、守りの薄いプレイヤーが集中攻撃を受ける頻度が上がり、ゲームスピードが早くなったり全体的に殺伐としやすくなりそう、など欠点も目立つため、採用はされませんでした。
統率者のメリットは現行の統率者ドローよりもいいルールが見つかっていないので、おそらくこれからもこのルールを続けていくことになるでしょう。

・ドラグハートに関するルールを追加

構築ルールではドラグハートはサイキックと同じルールを適用し、統率者の色に関わらず次元ゾーンに入れることが出来ます。
以前の案でサイキック・クリーチャーも統率者の色制限を受け、その際サイキック・スーパークリーチャーとサイキック・セルの文明は非参照にする、というものがありました。
これは例えばガガ・パックンは光文明でバリバリ・パックンガーは光と自然ですが、バリバリ・パックンガーの自然文明は覚醒リンクのジオ・ザ・マンの文明に由来しており、元々のガガ・パックンの色ではありません。
そのためパックンを自然を含まない統率者で使えないとなると違和感があり、そのためこの案では覚醒リンクの裏面は統率者の色制限と無関係となっていました。
ただ現状これが採用されていないのは、結局サイキックを使うにはサイキックを呼び出すカードが必要であり、その呼び出すカード自体は統率者の色制限を受けるのでわざわざサイキックを縛って選択肢を減らす必要性がなかったためです。
余談ですが、単色デッキ構築戦では両面が単色以外のサイキックでしか使えませんでしたが、もし覚醒リンクの裏面が非参照だったらどうなっていたかちょっと気になるところです。

また、EDHのデッキは通常のデッキ40枚に対して60枚ですが、次元ゾーンの枚数は通常と同じく8枚です。
これは超次元ゾーンはなぜ8枚かという記事で少し触れた通り、8枚という数字に構造性があるため、あまり弄らない方がいいと思っていたからですが、ドラグハートの登場により次元ゾーンが8枚では足りなくなることが多くなったりしたら、次元ゾーンの枠を増量することになるかも知れません。
具体的には8に勝るとも劣らない構造性を持つ数字である10か12あたりになるかと思われます。
ただあんまり増やしすぎるとラスト・ストームの威力が上がりすぎたりして碌なことにならないと思うので、これまで以上に慎重に吟味を重ねて行こうと思います。
EDH動画の素材を作り直す羽目になるので個人的にはあんまりやりたくないですけどね
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://melkiss063.blog.fc2.com/tb.php/351-d38a71dd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。