上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Y10P36b.jpg

※AFネタ
カレーパンの臭いやアイドルの臭いなど、DMはたまに妙な臭い付きのカードをプロモで出しますが、なぜと思った人も多いじゃないでしょうか。

嗅覚というのは、五感の中で唯一ダイレクトに感情に働きかけます。また、香りは記憶に働きかけ、結びつけます。
特定の香りをかいだ時に、その香りにまつわる過去を思い出すことがありますが、そのためですね。
香りは人間の感情や記憶と本能的に強い結びつきを持っているため、ブランドイメージやマーケティング戦略を担うツールとして、ホテルや店舗などに薫りをデザインするビジネスが存在したりしています。

臭い付きのカードもそういったマーケティング戦略の一環として見ることが出来るのです。
どういう香りの成分がプレイヤーに好まれるかというテストを行っているというわけですね。

カードに含まれる成分といえば、プロモカードにも仕掛けがあったりします。
DMには多くのプロモカードが存在し、それを収集することに精を出すプレイヤーも多くいますが、あれにも五感的な理由をつけることができます。
カードには塗料を薄めるためにトルエンという物質を用いられており、これは有機溶剤としてよく使われている物質ですが、プロモカード、それもプロモマークの塗料からは通常のカードに比べごくわずかですが多くのトルエンが含まれているのです。
このトルエン、有機溶剤に使われてると書きましたが、シンナーの主成分であり、常習性があります。

もしあなたがプロモカードをイラストがかっこいいとかの理由もなく無意識的に集めていたり、デッキのカードを全てプロモにしないと気が済まなかったりしていたのなら、トルエンの吸引で中毒症状になっている可能性があります。
トルエンやキシレンの中毒は病院で検査ができるので検査してもらうことをお勧めします。












     *      *
  *     +  うそです
     n ∧_∧ n
 + (ヨ(* ´∀`)E)
      Y     Y    *



時間が遅くなりましたが、エイプリルフールネタです。
昨日の2100頃になってからヤスさんに「明日4/1だからなんかぶち上げてよ!」と振られて、ない頭を捻り出してたらこんな時間になってしまいました。
カードの塗料にそういった物質が含まれている可能性自体はゼロではないですが、それで中毒症状が起きることはまずあり得ないのでご安心を。
MTGのカードの臭いが好きだという人はときどき見かけますが、多分違うでしょう、多分
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://melkiss063.blog.fc2.com/tb.php/350-74c90db2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。