上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Twitterで英語版のカードの写真をちょくちょく載せているのですが、ファイルを全部まるごと載せたことはないのでここで紹介しようと思います。
23234066.jpg

折角なんで使ってるサプライの紹介もしておきます。
ファイルはウルトラプロのプロバインダーです。
高級バインダーとして名高いモンスターバインダーのウルトラプロ版といった感じであり、裏面エンボス加工のサイドローディング式両面9ポケット20ページの合計360ポケットで、固定用のバンドが付いています。
高級版と廉価版である簡易表紙版があり、高級版は表紙が衝撃を吸収する革になっています。
TCG用のファイルで何を買おうか迷っている方がいたら、これの高級版がかなりおすすめできます。

24238795.jpg41k69p0WJ0L.jpg

コレクション用のスリーブはウルトラプロのぴったりサイズとレギュラーサイズの二重にしてあります。
バインダーとスリーブ全てウルトラプロで統一していますが、これはスリーブやリフィルの摩擦で静電気が発生し、汚れが吸着する原因になる絶縁体素材(ポリ塩化ビニル)を使わないためであり、No PVCのウルトラプロの製品で統一することでリフィルとスリーブがなるべく汚れないことを期待しているためです。


photo (9)

ファイルの1ページ目。ガーディアンのページです。以前の記事で紹介したとおり、英語版のSRは8弾以降でも初期と同じホイル仕様なため、ブルー・メルキスのイラストがよく映えます。
写真ではわかりにくいですが、アーク・バインとミスト・リエスはプロモ版であり、それぞれホイル加工がされています。
下段真ん中は北米版限定プロモである《Loth Rix》、シーブス・キーンはこの記事で紹介した日本語表記の北米版プロモです。
中断右のグラン・ギューレはkaijudo版ですが、これは英語版グレナ・ビューレが手に入ったらそちらをファイルに入れてこっちはEDHデッキで使おうかと考えています。

photo (13)

2ページ。英語プロモの多くは金字+ホイル仕様となっていますが、バルキリー・ドラゴン、ドルザーク、アムニス、ギリアムはそれに加えてSR仕様にもなっていて非常に豪華です。

photo (16)

3ページ。Dragon of Destinyことボルバルザークは日版から能力の調整が行われないまま出してしまい、やはり向こうでもボルバルマスターズになってしまいその結果海外版撤退の原因の一つと言われています。
そのため英語版の中でも特に手に入れにくいカードの一枚です。

photo (12)

4ページ。ギリアムは前述した通りSR仕様のプロモになっています。オルゲイトは逆にSRでなくなっているため、背景がよく見える状態になっています。ジェノサイドは英語版限定のアルトアートです。
また、ダイダロスの効果は英語版だとただのアタック・トリガーになっているので、日本でも再録されたら修正されるんじゃないかと思います。

photo (17)

5ページ。サイフォスは昔からホイルが映えるイラストだと思っていたのでお気に入りです。
こういうことを言うと老害っぽいですが、昔のカードは美しいイラストが今と比べて多いと思います。美しいイラストが質素なホイル仕様でより引き立ちます。
今のカードは美しいというよりかっこいいものが多く、どちらも好きですけどね。

photo (11)

6ページ。ペトローバはよく使っているので印象深い一枚です。もう一枚手に入れてEDHデッキでも使いたいです。

photo (10)

7ページ。アクア・スナイパーは不滅オロチで、アトランティスはキューブブラスターで見直されたカードですね。
今後また昔のカードが見直されると思うと楽しみですね。

photo (15)

8ページ。アンリストヴァルプロモが特に美しいです。メルガルスプロモは最近のパーロック系に通ずるフレーバーの長さ。

photo (20)

9ページ。ギガベロスやガイアスマッシャーのプロモは日版だと1万くらいだったでしょうか。
ブルレイザーは英語版限定のアルトアートです。
そして無駄にかっこいいアシュラファングプロモ

photo (14)

10ページ。ユーカーンの英語プロモは3種類存在するのですが1種しか持っていません。
ヴァルボーグは英語版だとコスト5に変更されています。

photo (22)

11ページ。スラッシュチャージャーことロストチャージャープロモはかなりかっこいいです。下段真ん中はレジェンド・アタッカーです。

photo (6)

12ページ。サバイバーは英語版だとプロモの仕様が統一されています。また、名前にギリシア文字の代わりに「Q」が付き、種族の表記も日版の括弧書きから/で区切られて並んでいます。

photo (23)

13ページ。「恐怖の落とし穴」ことデーモンハンド、限定アルトアートのコーライル、ホーリースパークのプロモです。
コーライルプロモは数ある英語プロモの中でも特に美しく、一番のお気に入りです。

photo (7)

14ページ。チャミリアの英語プロモは二種類あり、12ページのものは大会入賞のものでホイル+金字仕様でこちらのは構築済みデッキに収録されているものでホイル仕様です。

photo (19)

15ページ。ベリーレアのカードは持っているものを全部入れてしまうとファイルがいっぱいになってしまうのであまり入れていないのですが、インビンシブル系は全部揃ったので入れてみました。

photo (8)

16ページ。マクドナルド限定のイラスト替えプロモや《Neve, the Leveler》です。

photo (21)

17ページ。上段左は《ストームジャベリン・ワイバーン》の調整版、真ん中は《ディープ・オペレーション》調整版、右は《邪魂転生》です。
残りはシーブス・キーンと同じYOシリーズです。


いかがだったでしょうか。
EDHような非公式変則ルール以外では使うことのできないカード達ですが、TCGにはこういった収集することもまた楽しみ方の一つです。
これからも海外版のプロモやSRは積極的に集めていこうと思います
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://melkiss063.blog.fc2.com/tb.php/346-e93a5cf8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。