上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トップページに規制カードの更新履歴を残すようにしました。今までよりもチェックが楽になったんじゃないかと思います。


新弾リストが公開され、EDHも新たに規制カードを考えなくてはならなくなりました。
ですがその前に、ここ数週間規制カードの更新が多かったため、少し考えを書き出してみることにします。
■エクス・リボルバー・ドラゴン無制限について

DMEDHはたった一枚で勝負が決まってしまう大量ランデスの多くが禁止になっています。
魔天降臨やドルバロム、バジュラズテラがそれであり、逆流も強い規制が掛かっています。
全体大量ランデスとしてはデス・マリッジが無制限ではありますが、あれは構築が結構縛られる上にランデスの量も相手によってまちまちで、プレイするタイミングによっては自滅する可能性も大きく、未だに誰も完全に扱うことができていないためであり、今後の展開によっては規制される可能性は十二分にあり得ます。
そんなランデスカードですが、新たに《未知なる弾丸 リュウセイ》が登場しました。
相手一人を対象とした大量ランデスカードですが、自分にも被害があり、引き摺り出されるリスクあるので、ボルバルザークやエンド・オブ・ザ・ワールドのようなハイリスクハイリターンなカードと言えます。

ただリメイク元の《エクス・リボルバー・ドラゴン》が2色以上で禁止だったのも理由があり、一つにはあるプレイヤーが追いつめられて負けそうになる→エクスリボルバーを使ってその時最もヘイトが高いプレイヤーも道ずれにするというパターンが頻発していたため、強すぎて危険なカードというよりは、不快度が高かったというのが一つ。
もう一つは《生命と霊力の変換》でノーリスクで相手をランデスできるコンボがあったというのがあります。
ただこれも始動に結構マナが必要なため、実際に試してみないとわからないと思い、検証してみることにしました。

『DMEDH 赤黒緑アロロ・パロロ』

統 戦神アロロ/回神パロロ

1 x 破壊神デス
1 x 無敵剣 カツキングMAX
1 x 未知なる弾丸 リュウセイ
1 x 爆双ブルカノ・フドウ
1 x 無双竜鬼ミツルギブースト
1 x 腐敗勇騎ドルマークス
1 x 大地と永遠の神門
1 x 生命と霊力の変換

1 x 不死帝 ブルース
1 x 威牙の幻ハンゾウ
1 x 魔龍バベルギヌス
1 x 龍神ヘヴィ
1 x 封魔妖スーパー・クズトレイン
1 x 盗掘人形モールス
1 x 白骨の守護者ホネンビー
1 x バイオレンス・ヘヴン
1 x ロスト・ソウル
1 x 地獄門デス・ゲート
1 x インフェルノ・ゲート
1 x インフェルノ・サイン
1 x 超次元リバイヴ・ホール
1 x リバース・チャージャー
1 x プライマル・スクリーム
1 x ロスト・チャージャー
1 x ボーンおどり・チャージャー

1 x 口寄の化身
1 x カブラ・カターブラ
1 x 青銅の鎧
1 x 正々堂々 ホルモン
1 x 霞み妖精ジャスミン
1 x ダンディ・ナスオ
1 x 獰猛なる大地
1 x 爆進イントゥ・ザ・ワイルド
1 x ダンシング・フィーバー
1 x 超次元フェアリー・ホール
1 x グローバル・ナビゲーション
1 x ライフプラン・チャージャー
1 x カラフル・ダンス
1 x 母なる紋章
1 x 再誕の社
1 x 神秘の宝箱
1 x 父なる大地
1 x お清めトラップ
1 x ピクシー・ライフ
1 x サーガ・レオシェルター
1 x ハッスル・キャッスル

1 x 邪神M・ロマノフ
1 x 暴走龍 5000GT
1 x 龍神メタル
1 x 百万超邪 クロスファイア
1 x 新世界 シューマッハ
1 x 双砲 ロードスター
1 x キャノンボール・スリング

1 x 「俺」の頂 ライオネル
1 x 真実の名 リアーナ・グローリー
1 x 聖霊左神ジャスティス
1 x 墓地の守護者メガギョロン
1 x 無情秘伝 LOVE×HATE
1 x 神の裏技ゴッド・ウォール

変換を大量ブーストにするためにも、クロスGT弾丸リュウセイでフィニッシュするにもブルースが相性がいいのでやや墓地ソース気味に構築。
アロロパロロはデッキの多くのカードと相性がいい統率者で、ゴッドサポートを受けられるHDMをフィニッシャーに据えました。
結果からいうと弾丸リュウセイは変換とのコンボがあまり決まらず、ゲームバランスの上での規制は必要ないと判断しました。
もう一方の問題は解決していないものの、それはまた問題が発生したときに対処するということになり、エクスリボルバードラゴンを無制限に戻すことが決まりました。

■母なる大地禁止について

DMEDHの禁止カードの中で、唯一公式のプレミアム殿堂と被っているカードです。
DMのカードの中でも最強のコスト踏み倒しであり、あまりにも目に余るパワーカードっぷりに今年の初めの時点で禁止にしようかと思っていましたが、P殿である以上なかなか使う機会のないカードであり、EDHでも戦術上では最強クラスのカードでも、4人対戦での戦略的な視点ではまだそうでもないという点で、その時は3色以上の禁止の範囲に収まりました。
ですがゼニス以外のゼロ文明のカードプールが広がり、色の少ないデッキのカードパワーが向上した現在、二色以下のデッキであっても紋章との二枚体制は贔屓目に見ても強すぎであり、また多くの即死コンボデッキのパーツに使われるのを鑑みると、とても放置できる状況ではありませんでした。

『DMEDH 緑単四つ牙』

統 スーパー大番長「四つ牙」

1 x 超神龍バリアント・バデス
1 x 大神砕ジオ・アルデバラン
1 x 大勇者「ふたつ牙」
1 x 密林の総督ハックル・キリンソーヤ

1 x 剛撃無双カンクロウ
1 x 大喰の超人
1 x 武器阿修羅の大猿
1 x 偽りの名 ハングリー・エレガンス
1 x 二角の超人
1 x 呪紋の化身
1 x 疾走の化身
1 x 薔薇の使者
1 x 口寄の化身
1 x 反時空の化身
1 x 次元流の豪力
1 x 駿足の政
1 x 特攻の菊
1 x 陰陽の舞
1 x 鳴動するギガ・ホーン
1 x ロイヤル・ドリアン
1 x 斬雪妖精バケット・バケット
1 x 高飛車姫プリン
1 x 蛇手の親分ゴエモンキー!
1 x 呪紋のカルマ インカ
1 x 斬込の哲
1 x 青銅の鎖鎌
1 x 緑銅の鎧
1 x アラゴト・ムスビ
1 x 青銅の鎧
1 x カブラ・カターブラ
1 x 誕生の祈
1 x 銀の戦斧
1 x 散華の用心棒
1 x 無敵の咆哮
1 x 霞み妖精ジャスミン
1 x 幻緑の双月
1 x 緑神龍ドラピ

1 x 獰猛なる大地
1 x ナチュラル・トラップ
1 x 爆進イントゥ・ザ・ワイルド
1 x ダンシング・フィーバー
1 x 超次元フェアリー・ホール
1 x グローバル・ナビゲーション
1 x ライフプラン・チャージャー
1 x 深緑の魔方陣
1 x レインボー・ストーン
1 x 母なる大地
1 x 母なる紋章
1 x 再誕の社
1 x 父なる大地
1 x ディメンジョン・ゲート
1 x 五郎丸コミュニケーション
1 x ビースト・チャージ
1 x ピクシー・ライフ

1 x ハッスル・キャッスル

1 x 超絶奇跡 鬼羅丸
1 x 真実の名 リアーナ・グローリー
1 x 神聖麒 シューゲイザー
1 x 墓地の守護者メガギョロン

大喰いの超人+ゴエモンキーで鬼羅丸、呪紋の化身、インカを揃えてワンショットを決めるデッキで、黒の墓地利用と組ませないために2色以上で禁止になっている大喰いが緑単であっても危険ではないかと思って検証してみて、大喰いまたはゴエモンキーが危険なのでは、という意見が出たのですが、ゴエモンキーは大量のマナがないと機能せず、今までもゴエモンキーではなく大量ブーストの方を規制してきていて、じゃあ大喰いかと言うと、確かに危険なカードだとは思いますが、大喰いを規制すると、ヘラクレスやニバイ・ニバーイ、新弾のデトロイト・テクノのようなカードも怪しくなってきてキリがない、もっと言うと方向性が間違ってると判断し、このデッキでもワンショットの威力を上げる大地や紋章の方がよっぽど規制されるべきだと実感しました。
今回大地を禁止にした後の紋章の扱いですが、紋章はゼロ文明の踏み倒しができず、トリガーもないためカードパワーという点では大地より劣っており、何より大地との二枚体制が解消された以上、今のところ規制する予定はありません。

大地の禁止は身内の反対があり、僕自身もセブンスタワーやガチンコルーレットのように本来なら規制を免れた可能性もあるカードと思っていますが、いかんせんこのゲームにおける自然文明が強すぎる上、ゼロ文明によってさらにマナブーストや踏み倒しが強力になってしまっているので仕方がありません。
DMEDHというゲームが身内の理解によって成り立っているのでなるべく報いたいとは思いますが…

■《知識の破壊者デストルツィオーネ》の扱いについて

これはかなり迷いました。
EDHは大量ハンデスもある程度規制していますが、これの理由は単純に強すぎるからであり、ただ完全に禁止にすると今度は大量ドローに歯止めを掛ける存在がいなくなるため今のような状態になっています。
デストルツィオーネは、ロスト・ソウルやソウル・アドバンテージと比べ、コストが重いもののロストチャージャーインフェルノゲートなどでの早期登場もでき、クリーチャーであるため踏み倒しや使い回しが効きやすく、パワー17000のTブレイカーとサイズも大きいと、先のハンデス二種と比べても引けを取らない性能でした。
最初は母なる大地が健在だったのもあり黒緑Zファイルで使わせないために2色以上で禁止にしていましたが、どうもしっくりこなく、ロストソルアドの大幅規制位置の転換も考慮に入れて話し合いや検証を重ねた結果、「ロストとソルアドの位置を変えず、無制限から3色以上で禁止」という結論を得られ、無制限か、ロストかソルアドに寄せるということになり、最終的に今のロストに寄せる形になりました。
更に規制を掛けることも緩めることもある位置であり、今後の経過によってはまた考え直すこともありそうです。


こんなところでしょうか

EDHの規制は終わりの見えないイタチごっごであり、デフレーションです。
規制したときにもたらされる自由度とそうでなかった場合の自由度をうまく演繹して、いいバランスになるように心がけたいものです。

それでは、また
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://melkiss063.blog.fc2.com/tb.php/335-be2a84e9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。