上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
dmr09-s04.jpg

ベートーベンの時と同じように、EDHの規制カードについての考えの記事です。

ちょっと前の話になるんですが、岡山CSの時に黒井テンコさんバロンさんヤスさんと現地でEDHをやったことがありまして、テンコさんとバロンさんはこの日のためにデッキを組んできてもらえてとても嬉しかったんですけど、そこでマーシャル・クロウラーが統率者パーフェクト・アースとの組み合わせでとても強力なカードであることに気付かされました。
今思うとなぜ気が付かなかったのかという感じなのですが、内輪で籠ってやってるといつの間にか見落としてしまうこともあるということなんでしょう。外部からの視点というのはありがたかったです。

そんでもってその時のデッキを参考に本山で検証を行っていたのがこれです。

統 星龍パーフェクト・アース

1 x 破壊神デス
1 x 悠久を統べる者 フォーエバー・プリンセス
1 x 飛散する斧 プロメテウス
1 x 無双竜鬼ミツルギブースト
1 x 反撃のサイレント・スパーク
1 x 炎槍と水剣の裁

1 x マーシャル・クロウラー
1 x コマンダー・テクノバスター
1 x ガンリキ・インディゴ・カイザー
1 x 斬隠オロチ
1 x 蒼狼の始祖アマテラス
1 x シンカイサーチャー
1 x ストーム・クロウラー
1 x スペース・クロウラー
1 x 知識の包囲網
1 x パーロックの宝物庫
1 x クアトロ・ブレイン
1 x ガチンコ・スロット
1 x サイバー・ブレイン
1 x クリスタル・メモリー
1 x ミスティック・クリエーション

1 x THE FINAL カイザー
1 x 威牙の幻ハンゾウ
1 x 魔龍バベルギヌス
1 x 龍神ヘヴィ
1 x 白骨の守護者ホネンビー
1 x インフェルノ・ゲート

1 x 二角の超人
1 x 呪縛のカルマ インカ
1 x 青銅の鎧
1 x 正々堂々 ホルモン
1 x 霞み妖精ジャスミン
1 x 爆進イントゥ・ザ・ワイルド
1 x ダンシング・フィーバー
1 x 超次元フェアリー・ホール
1 x ライフプラン・チャージャー
1 x 母なる紋章
1 x 再誕の社
1 x ガーデニング・ドライブ
1 x フェアリー・ミラクル
1 x ブラッサム・シャワー
1 x 神秘の宝箱
1 x 生魂転霊
1 x ハッスル・キャッスル

1 x 光神龍スペル・デル・フィン
1 x 偽りの王 ナンバーナイン
1 x 光牙王機ゼロカゲ
1 x 光器パーフェクト・マドンナ
1 x 雷鳴の守護者ミスト・リエス
1 x 魔光王機デ・バウラ伯
1 x 光牙忍ハヤブサマル
1 x アポカリプス・デイ
1 x ダイヤモンド・ソード

1 x 暴走龍 5000GT
1 x 永遠のリュウセイ・カイザー
1 x 龍神メタル
1 x ティラノ・リンク・ノヴァ
1 x ダッシュ・チャージャー

1 x 「獅子」の頂 ライオネル・フィナーレ

《ライオネル・フィナーレ》
マーシャルクロウラーが盾落ちしていた時に星龍フィナーレでコンボ開始します。

13マナで統率領域のパーフェクトアースとマーシャルクロウラーを出し、トリガーになった手札のカードを一気に踏み倒し、呪文ロック+5000GT等でワンショットします。
最初にやった時はトリガーしたパーロックの宝物庫を全然マークせずにいきなり決められてびっくりしたことを憶えています。

当初はこのコンボは無制限の踏み倒しを行うワンショットで、統率者との二枚コンボだったので規制せざるを得ないと思っていましたが、実際に回してみたところ、マーシャルクロウラーの性質上大量の手札が必要になり、それを維持しながら13マナを貯めるのが結構難しく、またコンボパーツ自体は少なくてもワンショット用の攻撃力を確保するために防御カードに枠を割きにくかったりと、危険な感じがしつつとも一応バランスが取れていたため規制されることはありませんでした。

しかしマーシャルクロウラーを使った別のワンショットが開発されたため、再び検証が行われることになりました。

『DMEDH 青緑マーシャルイレブン』

統 飛散する斧 プロメテウス

1 x サイバー・J・イレブン
1 x 深海の伝道師 アトランティス
1 x マーシャル・クロウラー
1 x ルナ・ヘドウィック
1 x アクア・スペルブルー
1 x コマンダー・テクノバスター
1 x 消火機装コントロール・ファイア
1 x ファンタジー・フィッシュ
1 x 斬隠オロチ
1 x サイバー・N・ワールド
1 x アクア・サーファー
1 x シンカイサーチャー
1 x コマンダー・バブルガイ
1 x 突然月光ホイホイザー
1 x メカピン
1 x クラック・クロウラー
1 x 蒼狼の始祖アマテラス
1 x 衝撃機装エスケープ・フィアット
1 x アクア・バースター
1 x 電磁麗姫ジェリー
1 x アクア・ハルク
1 x 改造機装リグツユーナ
1 x ストーム・クロウラー
1 x アンカー・キャプテン
1 x ハンター・クラスター
1 x カスケード・ガイド
1 x ロイヤル・アドニス
1 x 終末の時計 ザ・クロック
1 x グレート・リンク・テクノロジー
1 x パーロックの宝物庫
1 x 知識の包囲網
1 x クアトロ・ブレイン
1 x サイバー・ブレイン
1 x クリスタル・メモリー
1 x フォース・アゲイン
1 x ミスティック・クリエーション
1 x ドンドン吸い込むナウ
1 x 転生プログラム
1 x セイレーン・コンチェルト

1 x 二角の超人
1 x 緑銅の鎧
1 x 青銅の鎧
1 x 正々堂々 ホルモン
1 x 獣王の手甲
1 x 霞み妖精ジャスミン
1 x 獰猛なる大地
1 x グローバル・ナビゲーション
1 x ライフプラン・チャージャー
1 x レインボー・ストーン
1 x 母なる大地
1 x 母なる紋章
1 x お清めトラップ
1 x 神秘の宝箱
1 x 再誕の社
1 x ピクシー・ライフ
1 x ハッスル・キャッスル

1 x 「獅子」の頂 ライオネル・フィナーレ
1 x 神淵のカノン 愛染
1 x 墓地の守護者メガギョロン

マーシャルクロウラーで大量のトリガークリーチャーと、母なる大地か獣王の手甲+転生プログラムでサイバーJイレブンを踏み倒し、エクストラウィンを狙うデッキです。
必要な色が少なくなったことで大幅にスペースが空き、トリガークリーチャーを多く積めるため防御力もあるため、かなり早期にエクストラウィンをすることができたので、「問題あり」とされました。
とはいえこの時はサイバーJイレブンの方が2色以上で禁止になりました。
マーシャルクロウラー5色星龍で、イレブンは青単Σループで問題なしとされていたので、どちらも共存できる措置だったからです。

しかし、この後にこのデッキって単色でも動くんじゃ?ということになり、青単に改装し再び実験することになりました。

『DMEDH 青単マーシャルイレブン』

統 マーシャル・クロウラー

1 x 超電磁トワイライトΣ
1 x サイバー・J・イレブン
1 x 深海の伝道師 アトランティス
1 x ルナ・コスモビュー
1 x ルナ・ブライトホーク
1 x ルナ・ヘドウィック
1 x アクア・スペルブルー
1 x コマンダー・テクノバスター
1 x 消火機装コントロール・ファイア
1 x ファンタジー・フィッシュ
1 x 斬隠オロチ
1 x サイバー・N・ワールド
1 x アクア・サーファー
1 x シンカイサーチャー
1 x コマンダー・バブルガイ
1 x 突然月光ホイホイザー
1 x メカピン
1 x クラック・クロウラー
1 x 蒼狼の始祖アマテラス
1 x 封魔ベルアリタ
1 x サルティンイダム・クロウラー
1 x ハリケーン・クロウラー
1 x 衝撃機装エスケープ・フィアット
1 x アクア・バースター
1 x 電磁麗姫ジェリー
1 x アクア・ハルク
1 x 改造機装リグツユーナ
1 x ルナ・フォトン
1 x ストーム・クロウラー
1 x アンカー・キャプテン
1 x ハンター・クラスター
1 x カスケード・ガイド
1 x ロイヤル・アドニス
1 x 終末の時計 ザ・クロック
1 x 掘削機装エンター・ザ・ショベル
1 x パーロックの宝物庫
1 x 知識の包囲網
1 x クアトロ・ブレイン
1 x 転生スイッチ
1 x コラプス・ウェーブ
1 x スパイラル・チャージャー
1 x サーファー・チャージャー
1 x トリプル・ブレイン
1 x サイバー・ブレイン
1 x クリスタル・メモリー
1 x フォース・アゲイン
1 x ミスティック・クリエーション
1 x ブレイン・チャージャー
1 x インビジブル・EVOチャージャー
1 x 転生プログラム
1 x ストリーミング・シェイパー
1 x エナジー・ライト
1 x セイレーン・コンチェルト

1 x 「獅子」の頂 ライオネル・フィナーレ
1 x 神淵のカノン 愛染
1 x 妖精左神パールジャム
1 x 墓地の守護者メガギョロン
1 x 無情秘伝 LOVE×HATE
1 x ホープレス・チャージャー

マーシャルクロウラーを直接統率者に据え、コンボパーツ集めの手間を省くと同時に盾落ちのリスクをケアした型で、イレブンは転生スイッチ→トワイライトΣかコラプスウェーブ→転生プログラムで踏み倒します。
これで検証した結果、ホープレスチャージャー→クワトロブレイン→パーロックの宝物庫→マーシャルクロウラーの7ターンキルを決めてしまい、マーシャルかイレブンのどちらかを禁止にしないとまずい、ということになりました。
EDHではエクストラウィンが非常に強いためユニバースやアレフティナ等は禁止なっており、それを思うとイレブンもかなり問題のあるカードではあるのですが、マーシャルクロウラーは星龍マーシャルでは一応問題なしとされていましたが、かなりギリギリのラインであったため、総合的に見てマーシャルクロウラーの方を禁止にすることを決めました。

コンビ殿堂という手もありましたが、単純に展開したクリーチャーにダイヤモンドソードなりダッシュチャージャーなりヘブンズや緊急再誕でエイヴン踏み倒してワンショットしたり、アトランティス、転生スイッチ、サルヴァディでループを組んで途中からスペルブルーを挟んでデッキの呪文を延々と撃ったり、そもそも俺の頂ライオネルで全色で星龍マーシャルできる、と他にも危険なことができるためコンビ殿堂にはせず、そのまま禁止ということになりました。コンビ殿堂やトリオ殿堂をあまり増やしたくないというのもあります。
ダイヤモンドを使う手はトリガーやシノビのケアが不完全であり、ループの方もコンボパーツが多いと欠点もあるのですが、ここまでやれることが多いと庇え切れないという感じです。


先日浜松行ったときにてつと話をして、その時に今のDMEDHは即死コンボや無限ループに厳しすぎるのでは、という意見を貰ったんですけど、それは本当にその通りだとは思うのですが、相手ターンに干渉できる機会が少ないDMのシステム上そういったものが決まってしまうと止めようがないので、なかなか野放しにできにくいんですよね。
物凄くカジュアルに寄っているので決められる前に潰すのもやりにくいというのもあり、規制で手段を奪う方がバランスを取りやすいのです。水はひび割れを見つけるに通ずるものがあります。
また、そもそも無限ループや即死コンボのパーツがパワーカードであるというのもあります。
DMにマナ漏出なり神の警告なりがあればそれも変わったのでしょうが…今後のカードプールに期待するとします。

こんなところでしょうか

今回のマーシャルクロウラー以外にも単色での大喰いの超人やバーレスク、弾丸リュウセイなどといったカードの検証もあり、まだまだ規制をするか・しないかを考えなければならないようです。
ある程度規制が一段落したと思ってEDH動画を作ったりしたのですが、どうやらまだまだのようで、実験を続けることにします。これが今度の(ry

それでは、また
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://melkiss063.blog.fc2.com/tb.php/331-6ef82a72
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。