上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
明日からオープンの店舗予選戦ですね。






004さんのツイートを見てちょっと気になったことがありまして、権利数を県の人口で割ることで権利を取りやすい県や逆に取りにくい県がわかるんじゃないかと思い、実際に調べてみました。
前提がその県の県民全員が権利戦に出場するというトンデモない想定な上に、3日分の権利数を合算して行うので完全に与太話なんですが、まあ見てみましょう。

都道府県    権利数        人口                 比
1       徳島35775,8710.004511%
2       山梨24851,6810.002818%
3       愛媛391,414,9960.002756%
4    和歌山27987,4830.002734%
      5       香川24989,1590.002426%
6       岩手311,303,3510.002378%
7       富山241,082,7630.002217%
8       広島612,849,1040.002141%
9       福井17799,1270.002127%
10       秋田221,063,1680.002069%
11       鳥取12581,8700.002062%
12       山口291,431,2940.002026%
13       宮崎221,126,1320.001954%
14       山形221,151,8630.001910%
15       愛知1357,425,9520.001818%
16       福島351,962,3330.001784%
17       青森231,349,8990.001704%
18       大分201,185,8300.001687%
19       宮城392,325,4070.001677%
20       岡山321,936,5750.001652%
21       長野352,133,0140.001641%
22       大阪1458,863,3240.001636%
23       静岡613,736,6000.001633%
24       新潟372,347,0920.001576%
25       兵庫865,571,0960.001544%
26       長崎211,407,9040.001492%
27       三重271,838,6110.001468%
28       群馬291,992,4320.001456%
29       福岡695,085,3680.001357%
30       京都332,627,3130.001256%
31       千葉776,195,5760.001243%
32       埼玉807,208,1220.001110%
33       高知8752,0420.001064%
34       沖縄151,410,1380.001064%
35       東京13213,216,2210.000999%
36       島根7707,0740.000990%
37       滋賀141,416,5460.000988%
38   北海道505,460,6680.000916%
39       岐阜182,064,9400.000872%
40       茨城252,945,8240.000849%
41       熊本151,807,2010.000830%
42      石川91,162,9530.000774%
43   鹿児島131,689,3970.000770%
44       奈良101,389,6900.000720%
45   神奈川539,072,1330.000584%
46       栃木81,993,3860.000401%
47       佐賀1843,5050.000119%


1位は徳島で、なんと最下位の佐賀の40倍以上の取りやすさです。
というより佐賀の権利が1つしかないのが可哀想すぎる感じがします。
我らが愛知県は15位とそこそこの上位。カードショップに恵まれながらも、東京や神奈川程の人口がないのが活きたようです。
沖縄は34位と順位は低めですが、エリア単位でみると最も全国に近いような気がします。

  出場枠 権利数
   沖縄 1150.066667
  北海道1500.02
  九州B1550.018182
  東北A1760.013158
  北陸1870.011494
  東北B1960.010417
   四国11060.009434
  九州A11060.009434
   中部22760.007246
   中国11410.007092
   関東34380.006849
   関西23150.006349

というわけで、今度は全国出場への枠を店舗予選の枠の人数で割ってみました。
こうしてみると沖縄の競争率の低さが一目瞭然で、2位の北海道と最下位の関西でも3倍なのに関わらず、沖縄と北海道だけで3.3倍の開きがあることがわかります。

まとめ

店舗予選を通るなら徳島県、エリア代表になるなら沖縄に出るのが一番楽なようです。
今回はかなり乱暴な計算をしましたが、男子小学生以下の人数とレギュラーの枠を比較するともっといいデータが取れるかもしれません。

こんなところでしょうか


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://melkiss063.blog.fc2.com/tb.php/323-a9069510
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。