上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回やってなかったので久しぶりな気もしますが、変則ルールの視点から見たカードレビューとなります。
【不死帝(デッド・オア・アライブ) ブルース】ビクトリー V1/V2
アウトレイジMAX
闇文明・コスト8
パワー11000
■このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分の山札の上から3枚を墓地に置く。
■W・ブレイカー
■進化ではないデスパペットまたは進化ではないアウトレイジを、自分の墓地から召喚してもよい。
■このクリーチャーを墓地から召喚してもよい

ロスト・チャージャーからサーチして落として自身の効果で墓地から召喚でき、モールス、クロスファイア、500GTなどを墓地から召喚することができます。
やはり墓地爆誕効果が厄介で、さっさとマナやシールドに送らない限りゼニスのように延々とバトルゾーンに出てくることになります。モヤシと違ってハンデスも効きません。
モールス+マグナム+ワヤを揃えれることもポイントです。

【無限皇(インフィニティ・ビート)ジャッキー】V2/V2
アウトレイジMAX
水/火文明・コスト8
パワー8000
■マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
■スピードアタッカー
■このクリーチャーが攻撃する時、自分の山札の上から1枚目を墓地に置いてもよい。そのカードが進化ではないアウトレイジであれば、バトルゾーンに出す。
■W・ブレイカー
■相手の呪文を唱えるコストは無限のマナを必要とする。

踏み倒しを除く呪文ロックとアウトレイジ版のライザーが一体となったカード。
呪文ロックとSAが少し噛み合ってないですが、カードパワーは相当なものなので、光を入れれなくて呪文ロックが欲しいデッキや、単純にSAのアタッカーとしてもよく使われることになりそうです。
また、デッキをアウトレイジで固めてこのカードを統率者にするデッキも面白そうですね。

【神聖麒シューゲイザー】S1/S5
オラクリオン
ゼロ文明・コスト7
パワー7000
■このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、またはこのクリーチャーが攻撃する時、コスト5以下の進化ではないクリーチャーを1体、自分の手札またはマナゾーンからバトルゾーンに出してもよい。
■W・ブレイカー

小型グレイテスト・グレートといった趣で、軽量クリーチャーが中心の多くのデッキにとっての選択肢になります。
アタックトリガーでも踏み倒せるのが嬉しいところ

【神託の王(オラクルキング) ゴスペル】S3/S5
オラクル/キング・コマンド・ドラゴン/アンノウン
水文明・コスト9
パワー12000
■このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、またはこのクリーチャーが攻撃する時、相手は自身の山札の上から1枚目をすべてのプレイヤーに見せる。それが呪文であれば、自分がコストを支払わずに唱え、持ち主の墓地に置く。その後、自分の山札の上から1枚目をすべてのプレイヤーに見せる。それが呪文であれば、コストを支払わずに唱えてもよい。その後、こうして見せた呪文以外のカード1枚につき、カードを1枚引いてもよい。
■T・ブレイカ―

stksksことミラミス君が欲しがりそうな青いドラゴン。
出るだけでカード2枚分のアドバンテージを得られ、サイズや種族も優秀。
キリコが入るデッキ等で使われることになりそうです。

【奈落の葬儀人デス・シュトロン】S4/S5
デーモン・コマンド
闇文明・コスト9
パワー1300-
■各ターンの終わりに、プレイヤーは手札をすべて捨てる。
■T・ブレイカ―
■このクリーチャーがバトルゾーンを離れる時、クリーチャーをすべて破壊する。

すごく派手な効果ですね。
普通に使うとトップ勝負になってしまうので、ブルースとの運用がいいのでしょうか。
とりあえず手に入ったらタワー用デッキに入れてみることにします。

【無双竜機フォーエバー・メテオ】S5/S5
アーマード・ドラゴン/アース・ドラゴン/ハンター
火/自然文明・コスト8
パワー8000
■マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
■スピードアタッカー
■このクリーチャーがバトルに勝った時、バトルゾーンにある相手のクリーチャーを1体選び、このクリーチャーとバトルさせてもよい。
■W・ブレイカー

おなじ色とコストとパワーのフォーエバー・プリンセスと比べると若干見劣りしそうですが、バトル関連のサポートと組み合わせて真価を発揮します。
以前作って解体してしまった5Cハンターを作り直して使ってみようと思います。

【精霊のイザナイ 天草】1/55
オラクル/エンジェル・コマンド
ゼロ文明・コスト7
パワー6500
■ブロッカー
■このクリーチャーがバトルするとき、自分の山札の上から1枚目をすべてのプレイヤーに見せる。それがゴッドか無色クリーチャーであれば、バトルゾーンに出してもよい。それ以外であれば、自分の手札に加える。
■W・ブレイカー

ゼロ文明やゴッド中心のデッキでブロッカー兼展開カードとして活躍できそうです。
自分からバトルしようとするとブロッカーの旨味がなくなるため、デッキとの相性を考えて採用することになるでしょう。

【武器阿修羅の大猿(ヤケド・サセタラァ)】3/55
ビーストフォーク/ハンター
自然文明・コスト8
パワー9000
■ガードマン
■このクリーチャーまたは自分の他のクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分の山札の上から1枚目をすべてのプレイヤーに見せてもよい。それがクリーチャーであれば自分の手札に加え、クリーチャーでなければ自分のマナゾーンに置く。
■W・ブレイカ―

スネークを調整したような緑の置きドロー
ドローがクリーチャーの時なので途切れにくく、自身にも効果が反応するのも嬉しいです。

【封滅のマントラ ストロガノフ】5/55
オラクル/グランド・デビル/ドラゴン・ゾンビ
水/闇文明・コスト6
パワー6000
■マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
■バトルゾーンにある自分のオラクルはすべて「スレイヤー」を得る。
■自分のオラクルが破壊される時、墓地に置くかわりに自分の手札に戻す。
■W・ブレイカー

コストが6と軽くはないですが重くもなく、自身の効果でモヤシになるので、統率者としての活躍が期待できそうです。

【光姫左神ブラッディ・バレンタイン】7/55
ゴッド・ノヴァ/メカ・デル・ソル
ゼロ文明・コスト7
パワー7000+
■ブロッカー
■W・ブレイカー
■左G・リンク
■このクリーチャーがリンクしている間、シールドをさらに1枚ブレイクし、自分のターンの終わりにアンタップする。

ブロッカー+自動アンタップと、これまでのゴッドノヴァで足りない部分を見事に補う強力なゴッドです。
単体のスペックで見てもEDHでは強いので、ゴッドやゴッドノヴァが中心のデッキだけでなく色んなデッキで採用されそうです。

【純潔の信者 パーフェクト・リリィ】9/55
オラクル/メカ・デル・ソル
光文明・コスト5
パワー2500
■このクリーチャーが攻撃する時、バトルゾーンにある相手のクリーチャーを1体選び、タップしてもよい。
■このクリーチャーがバトルゾーンを離れる時、そのパワーが0より大きければ、離れるかわりにとどまる。

パーフェクト・マドンナのアタッカー版。
マドンナは光が入るEDHデッキではほぼ必ずと言っていいほど採用されていますが、ブロッカーがないこのカードはマドンナ程必須というわけではなさそうです。
アタックしてもマドンナ以上にハンゾウに狙われやすいのも難点。あと無限掌の的にもなりやすい。
そうは言ってもなんだかんだで場を離れないのがすごく強いことには変わりないので、全体除去が豊富なデッキや、アリバイ・トリックを採用しているデッキなどには採用されそうです。

【月面(ムーンサルト)ロビー・スパイラル】12/55
水文明・コスト6
呪文
■S・トリガー
■相手はバトルゾーンにある自身の、タップされていないクリーチャーを2体選び、手札に戻す。

水文明としては割と強めの除去トリガーであると言えます。
選ぶのが相手依存なのでマドンナで軽減されたりcipを使いまわされたりするデメリットもありますが、青が入るEDHデッキではそこそこ見かけそうです。

【グローバル・ナビゲーション】18/55
自然文明・コスト5
呪文
■S・トリガー
■バトルゾーンにある相手の、タップされていないクリーチャーを1体選び、持ち主のマナゾーンに置く。
■クリーチャーを1体、自分のマナゾーンから手札に戻してもよい。

今回の弾で最もよく使われそうなカードですね。
除去トリガー+マナ回収で回収も任意なので非常に便利。

【神の裏技 ゴッド・ウォール】20/55 MCあり
ゼロ文明・コスト5
呪文
■G・ゼロ―バトルゾーンに自分のゴッドがあれば、この呪文をコストを支払わずに唱えてもよい。
■バトルゾーンにある自分のクリーチャーを1体選ぶ。それがゴッドれあれば、自分の次のターンのはじめまで、そのクリーチャーがバトルゾーンを離れる時、離れるかわりにとどまる。ゴッドでなければ、次の自分のターンの初めまで、そのクリーチャーが破壊される時、墓地に置かれるかわりにバトルゾーンにとどまる

こちらは逆に今弾で最もやってしまった感があるカードと言えます。
ヘヴィメタルやリンクしたヨミに使ってこれを使いまわしてるだけで勝ててしまいます。
今後はゴッドを使われる度に常にこのカードの存在を意識することになりそうです。


【真滅の信徒 ジンジャー】26/55
オラクル/ドラゴン・ゾンビ
闇文明・コスト5
パワー5000
■相手のクリーチャーが破壊された時、相手の手札を1枚見ないで選び、捨てさせる。

これは結構強そうです。全体除去が大量ハンデスになり、ゼニスを排除することもできます。
種族も優秀で、コストも軽めなのでそこそこ使われそうです。

【王機の神兵 ヴォルビック】38/55
オラクル/グレートメカオー
水文明・コスト5
パワー3000
■ブロッカー
■このクリーチャーは攻撃することができない。
■このクリ―チャーをバトルゾーンに出した時、バトルゾーンにあるクリーチャーを1体選び、持ち主の手札に戻してもよい。

キング・エイサーの互換で、バウンスとブロッカーが一体となっているため便利。
メカオーを使うデッキで採用されそうです。

【カツドン「やったるで!」】46/55
火文明・コスト4
呪文
■S・トリガー
■このターン、バトルゾーンにある自分のクリーチャー1体のパワーは+1000される。バトルゾーンにある相手のクリーチャーを1体選ぶ。その2体をバトルさせる。

火の除去トリガーとしては意外と優秀なんじゃないでしょうか。
火はガンリキで止まるカードがとても多い割に対処できるカードが少なかったですが、トリガーがあり、コストも軽いので重宝しそうです。

【妖精の裏技 ラララ・ライフ】50/55 MCあり
自然文明・コスト3
呪文
■G・ゼロ―バトルゾーンの自分のスノーフェアリーがあれば、この呪文をコストを支払わずに唱えてもよい。
■自分の山札の上から1枚目をマナゾーンに置く。

巷で言われてるループはコートニーもオプティマスも規制されているためできませんが、EDHでも何らかのループに使われる可能性はあります。まだ思いつきませんが。

ドラヴィタホール、バイスホール、キル、リュウセイカイザー、ヴォルグ・サンダー、覇、ウェディングと第二弾はやらかしたカードが収録されていましたが、それに比べるとやはり今弾は大人しめの印象を受けます。
EDH的には強力な除去トリガーが追加されたのが嬉しいところです。

こんなところでしょうか

それでは、また
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://melkiss063.blog.fc2.com/tb.php/318-8062ea41
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。