上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
五龍

素材がどうしても見つからなかったので、自分で確保してきました。
これもデュエルマスターズ!
2013y09m03d_001701655.jpg

昔PS2で邪封超龍転生というゲームがありまして、カードプールは12弾まで(北米版DMと同じ)で、ボルバルと母なる大地が4枚積めた頃のやつです。
これに登場する5枚のオリジナルカードがかなりユニークな効果で、タワーデュエルとかで使えたらいいなーと思いながら画像を探してたんですけど、見つかったのが北米版のwikiaにアップされていたものだけで、それもyoutubeにあがっているプレイ動画からのキャプチャらしく非常に粗いものでした。

というわけで自分でゲーム画面からキャプチャしてやろう!ということでhaolahnさんにソフトとセーブデータを提供してもらい、素材を手に入れることができました。

以下に、そのカードの画像と詳細になります


アルティメス

聖神龍アルティメス P 光文明 (8)
クリーチャー:ホーリー・ドラゴン 6500
W・ブレイカー
■ 自分のクリーチャーはターンの開始時にブロッカーを得る時がある。
■ このクリーチャーがバトルゾーンを離れる時、山札の上から1枚目を自分のシールドに加える。
■ このクリーチャーがバトルゾーンに出るか墓地に置かれた時、相手のクリーチャーを数体選んでタップできる時がある。

オリジナルカード達のランダムで発動する固有能力「バーストシューター」の発動する確立などはまだ調べていませんが、調べ次第ここかvaultのまとめにでも載せることにします。


ウォルフィース


蒼神龍ウォルフィース P 水文明 (7)
クリーチャー:サイバー・ドラゴン 7000
■ W・ブレイカー
■ このクリーチャーはブロックされない。
■ このクリーチャーがバトルゾーンにいる間にシールドが破られる時、そのシールドをS・トリガーとして使える時がある。
■ このクリーチャーが墓地に置かれる時手札に戻る時がある

種族サイバー・ドラゴンはサイバーとドラゴンの両方の恩恵を得られるので実在したらかなり便利そうですね。
このカードはミラミス君がDMEDHで使うときがあり、バーストシューターはコインやダイスで決めていますが、肝心な時に外すことに定評があります。


ガルバロス


黒神龍ガルバロス P 闇文明 (8)
クリーチャー:ドラゴン・ゾンビ 6000
■ W・ブレイカー
■ このクリーチャーが、バトルゾーンに出るか攻撃するか墓地に置かれた時に、何かが起こる事がある。

何かが起こるって何だよ!って感じですが、実際は
■相手のシールドを1枚選び、持ち主の墓地に置く。
■相手の手札を1枚見ないで選び、捨てさせる。
■相手のクリーチャーを1体破壊する。
のどれかです。

ボルブレイズ2


ボルブレイズ・ドラゴン P 火文明 (8)
クリーチャー:アーマード・ドラゴン 6000
■ W・ブレイカー
■ スピードアタッカー
■ このクリーチャーが攻撃する時、相手のマナゾーンが減る事がある。
■ このクリーチャーがシールドをブレイクする時、相手は直接そのシールドを墓地に置くことがある。
■ このクリーチャーはタップされていないクリーチャーを攻撃できる時がある。

バーストシューターによってはバジュラにもボルメテにもバザガジールにもなれます。
五龍のイラストはどれもかっこいいので、ゲームオリジナルにするのはちょっと勿体なく感じてしまいます。


ハルクーンベルガ

緑神龍ハルクーンベルガ P 自然文明 (6)
クリーチャー:アースドラゴン 3000
■ このクリーチャーがタップされている時、バトルゾーンにいる自分の他のクリーチャーはW・ブレイカーとパワーアタッカー4000を得る。
■ 毎ターンこのクリーチャーのパワーはランダムに強くなる。
■ このクリーチャーはパワーによってはW・ブレイカーかトリプルブレイカーを得る。

これは少しだけ使ってみましたが、上昇値は1000~5000程度で、未だに自力でTブレイカーになったことがありません。
パワーも自分のターンで上昇した分が相手ターンでリセットされて再び上昇という形を取るため、とても不安定な印象です。
ただバーストシューターがターンに2度発動することもあるようなので、それも含めて調査したいところです。

こんなところでしょうか

今回紹介した五龍は、すべてタワー用デッキに1枚ずつ採用しました。引いて驚いて、使って驚いてください。

邪封超龍転生は背景の画像がプレインチェイスの次元カードの素材に使えそうだったりするのでもう少しお世話になりそうです。
他にもCGで動くクリーチャーが見れたり、ギャラリーで高画質なカード画像が見れたり、クリーチャーが喋ったり冗談言ってる姿が見れたりなどヴォーソスにはなかなかお勧めできる作品です。

それでは、また
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://melkiss063.blog.fc2.com/tb.php/314-38a2649a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。