上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この頃DMEDH用デッキの記事もあまり書いていませんでした。
久しぶりにデッキレシピと解説になります。
『DMEDH 五色オーケストラ』

1 x 愛の無限オーケストラ

1 x 極仙龍バイオレンス・サンダー
1 x 魔水晶スーパー・ディス・リバイバー
1 x 聖鎧亜クイーン・アルカディアス
1 x 天下統一シャチホコ・カイザー
1 x 永遠のジャック・ヴァルディ

1 x 機動聖霊ムゲン・イングマール
1 x 暴剣王邪 ハリケーン
1 x 悠久を統べる者 フォーエバー・プリンセス
1 x 戦攻竜騎ドルボラン
1 x 神滅海王グラン・ベルゼ
1 x 勝利のアパッチ・ウララー
1 x 勝利の道標レティーシャ
1 x 鎧亜の剣邪ミストジアス
1 x ミスター・アクア
1 x 鎧亜の氷爪メフィスト
1 x 激次元!グレンジュウ
1 x ケロディス・三郎
1 x 飛散する斧 プロメテウス
1 x 無頼聖者スカイソード
1 x 無双竜鬼ミツルギブースト
1 x 知識の精霊ロードリエス
1 x 鎧亜の咆哮キリュー・ジルヴェス
1 x 極みの香!イタダキマツタケ
1 x 猛菌霊騎ウィール
1 x ウソと盗みのエンターテイナー
1 x ガントラ・マキシバス
1 x 両断のスカルセドニー
1 x 剛勇秘宝ライチ・デスサンデー
1 x 王機聖者ミル・アーマ
1 x 電脳封魔マクスヴァル
1 x 幻獣賢者エレファウスト
1 x 深塊封魔ゲルネウス
1 x 護精霊騎ヴァルチャー
1 x 機械提督デリンダー
1 x 墓守の鐘 ベルリン
1 x 熱湯グレンニャー
1 x 闘竜炎霊パイロン
1 x 猛菌恐皇ビューティシャン

1 x 無法のレイジクリスタル
1 x 支配のオラクルジュエル
1 x 超次元ガード・ホール
1 x 反撃のサイレント・スパーク
1 x 炎槍と水剣の裁
1 x 破壊と誕生の神殿
1 x ぼくらの友情パワー!
1 x 超次元ごっつぁん・ホール
1 x 超次元シャチホコ・ホール
1 x 執拗なる鎧亜の牢獄
1 x 超次元ホワイトグリーン・ホール
1 x 超次元の手ブラック・グリーンホール
1 x 超次元の手ホワイト・ブラックホール
1 x 超次元グリーンレッド・ホール
1 x 爆熱 タイガー・ヴァーム
1 x 爆熱 キラー・ドライブ
1 x 魂と記憶の盾

1 x 斬隠オロチ
1 x 光牙王機ゼロカゲ
1 x 威牙の幻ハンゾウ
1 x 光牙忍ハヤブサマル

1 x 時空の支配者ディアボロスZ/最凶の覚醒者デビル・ディアボロスZ
1 x 勝利のガイアール・カイザー/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン
1 x 激天下!シャチホコ・カイザー/絶対絶命ガロウズ・ゴクドラゴン
1 x 激沸騰!オンセン・ガロウズ/絶対絶命ガロウズ・ゴクドラゴン
1 x ブラック・WILLOW・カイザー/シャチホコ・GOLDEN・ドラゴン
1 x 勝利のプリンプリン/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン
1 x 激相撲!ツッパリキシ/絶対絶命ガロウズ・ゴクドラゴン
1 x 時空の花カイマン/華獣の覚醒者アリゲーター

《オーケストラ》
統率者。シノビ以外は全て多色カードなので、かなりの割合で全ヒットが狙えます。
進化条件が少し面倒ですが、勝利プリン+赤黒やツッパリキシ+青白で五色揃うのでこの2パターンを意識して構築、プレイします。

《バイオレンス・サンダー》
大型多色進化。1:7交換は伊達ではなく、是非オーケストラで踏み倒したいカード

《スーパーディス・リバイバー》
コスト3以下のクリーチャーを多めに積んでいるので採用。ブロッカーを二体釣り上げて守ったり、オーケストラの進化元を一気に揃えたりできます。

《シャチホコ・カイザー》
クリーチャーに疑似破壊耐性。出てくるエイリアンサイキックも多色であり、全体除去を食らうと一気に絶体絶命セットが揃うこともあります。

《ジャック・ヴァルディ》
ギア対策。多色でクロスギアを除去できるカードはオーケストラで踏み倒せないオンセン・サバキぐらいしかなかったので採用

《ハリケーン》
変形デッキからの新鋭。多人数戦でのフリーズは強力で、2体も疑似除去ができ、自身も3打点と頼りになります。

《グラン・ベルゼ》
SAにする手段が少なく活躍の機会は少ないですが、EDHは統率者でデッキの色が決まっているので、通ってしまうとデッキによっては大打撃を与えることができます。

《アパッチ・ウララー》
勝利プリンを出すことで五色揃うので、ガードホールと同じく一枚でオーケストラの進化元にできる優秀な多色カードです。

《ミストジアス》
自分がカードをプレイするたびにカードが引けるミストリエスもびっくりの置きドロー。
相手の多色カードにも反応し、多くの統率者が多色であるので、ドローの薄いこのデッキではかなり重要なドロソとなります、

《メフィスト》
ロスト・プリズムはこのデッキではほとんどの場合でドローになり、pigのクリーチャーばら撒き効果も優秀です。

《イタダキマツタケ》
SCにより一枚でオーケストラの進化元になるため、引いたら積極的に使っていきたい

《ウィール》
青白でブロッカーであり、pigでドローか自分クリーチャー2体アンタップを選択できます。
アンタップは一見地味な効果ですが、リュウセイをケアしたり、オーケストラのアタック後に適当な相手クリーチャーに自爆特攻してオーケストラをアンタップし、もう一度オーケストラのメテオバーンを使う動きができるなど、非常に優秀なカードです。

《スカルセドニー》《ライチ・デスサンデー》
このデッキは準フル多色なので動きがものすごく遅いため、それをケアするための初動要員。
pigでマナブーストすることができ、スレイヤーなのでpigとよくかみ合っています。
特攻する相手がいなければビートして誘い出すのも手です。

《エレファウスト》
pigでマナブーストか2体アンタップ。初動要員にもなり、ウィールで書いたオーケストラ起こし芸をすることもできます。

《デリンダー》
通称「《ゲット・レディ》内蔵メカ」。その名の通りこのデッキでは貴重なドロー要員であり、青白のコスト2なのでツッパリキシと合わせてオーケストラの進化元にも便利で、ブロッカーでもあるので腐る場面が少なく優秀です。

《パイロン》
昔のヴァルディビートに入っていたためOドライブの印象は薄いかもしれませんが、ガンヴィートのような除去能力かシールド一枚のブレイクを選ぶことができ、更に赤黒の2コストなので勝利プリンとでオーケストラの進化元になるなど、とても器用なカードと言えます。

《レイジクリスタル》《オラクルジュエル》
変形デッキ収録の強力な多色トリガー呪文。踏ませて強く、踏み倒しても強い

《ホワイトグリーン・ホール》《ホワイトブラックホール》《ブラックグリーンホール》《グリーンレッド・ホール》
序盤にカイマンを出し、中盤以降はオーケストラの進化元を用意する4コストホール。
このデッキのカイマンはなんとしても通したいので上手く交渉するようにしましょう←

《キラー・ドライブ》
クリーチャー回収か4000火力の爆熱サイクル。どちらの効果も優秀で、爆熱ダブルも起こしやすいです

《オロチ》《ゼロカゲ》《ハンゾウ》《ハヤブサマル》
最初は完全なフル多色でしたが、シノビがないと終盤の攻防戦で生き残れないのでこの4枚だけ採用しました。
それだけ多人数戦のシノビが重要なのが窺えます。
ハンゾウは防御能力は低めですが、マドンナを対策できるカードが少ないのもあり採用

《激天下シャチホコ》《激沸騰ガロウズ》
多色エイリアンサイキック。グレンジュウなどから展開でき、このデッキの影の切り札である絶体絶命のパーツでもあります

《ブラック・WILLOW・カイザー》
なんで?って感じの枠ですが、パーフェクト・マドンナを除去できる多色カードが殆どないため、これの枠を作りました。天下統一シャチホコ、シャチホコホール、ごっつぁんホールから展開

《勝利プリン》《激相撲ツッパリキシ》
オーケストラでも解説しましたが、進化元になる重要な3色クリーチャーで、ツッパリキシはこのデッキではかなり強力なパンプアッパーでもあります。

《カイマン》
序盤に使用。なんとしても通したいところ


元々しけにレシピを渡して彼が組んでいたデッキでしたが、最近しけがいないのと、変形デッキで優秀な多色カードが収録されたので組んでみたくなり自分で組み直してみたDMEDH用デッキです。
9割以上がタップインで構成されており、常に全プレイヤーより1ターン遅く動くことになるので、そこそこ難しいデッキと言えます。
反面オーケストラで攻撃するときのワクワク感が楽しく、使っていて飽きない楽しさがあるデッキと言えます

こんなところでしょうか

それでは、また
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://melkiss063.blog.fc2.com/tb.php/310-71b7747b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。