上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
かれこれ半年近く悩まされていた問題でしたが、ようやく一区切りつきました。

DMEDHでは三か月前から「ゼニスはデッキに一枚まで」のルールの試験運用を初めて、E3第一弾の全リストでオラクリオンやゴッド・ノヴァは今のところゼニス程の圧倒的なカードパワーはないことが分かったので、協議の結果このルールを正式に盛り込むことが決まりました。
種族:ゼニスを持つカードはデッキに一枚までしか入れることができません。
元々禁止のレディオ・ローゼスは別として、刃鬼、戦慄ベートーベン、修羅ベートーベン等のこのルールをもってしても強すぎる気がするカードは今のところ規制してませんが、後々何らかの規制を掛けるかもしれません。

ゼニスの扱いに関しては長らく頭を悩まされ続けましたが、ひとまずこれで決着とします。
E3の終盤でゴッドノヴァがゼニス化、あるいはゼニス級のカードパワーを持ってしまったらまた考え直すことになるでしょうが、どうなることやら。

話は変わりますが、《ハングリー・エレガンス》を4c以上で禁止にします。
理由はNワールドやイージスで大量にブーストしてしまうことで、規制するべきという声が多くなってきたことです。
元々ブーストカードとしてはかなり強力だと思っていましたが、ギリギリ許せるラインだと思っていたので意外でした。
ガーデン君が3cでNエレガンスを組んでいたらしいので3c以上にしないと意味ないよという声もありましたが、とりあえず4c以上にして経過観察することにします。

こんなところでしょうか

それでは、また

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://melkiss063.blog.fc2.com/tb.php/306-f2ace612
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。