上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013y03m01d_183443462.jpg
(画像はGBAのゲームオリジナルカードであるパール・キャラスの再現カード、テキストは原文からやや現代風にアレンジ、振り仮名がないのはガルベリアス・ドラゴンに倣ってみた)

以前北米版DM(kaijudoではない方)の記事を書くと言いながら結構経ってしまったので、そろそろ書こうと思います

今日は北米版のDMのゲームであるDuel Masters:Cobaltの限定カードの紹介記事になります。
長くDMをやっている人でも、知らない方が多いんじゃないでしょうか?
本ゲームには5種類のオリジナルカードと、ローディング画面に表示される6種類のイラストがあり、イラストの特徴から大まかに照合することができますが、違っている可能性もあるので悪しからずです。
またローディング画面のイラストも海外の実況動画からのSSなので画質にも問題が、手元に実物があればもっといいものが手に入るのですが…

2013y03m03d_195058813.jpg2013y02m21d_233542928.jpg


【Bad Axe Norsykler】
ヒューマノイド
火文明・コスト6
パワー5000
■このクリーチャーは、アンタップされているクリーチャーを攻撃できる。
■パワーアタッカー +4000(攻撃中、このクリーチャーのパワーは+4000される)。
■このクリーチャーは、相手プレイヤーに攻撃できない。

能力などはゲーム・海外版オリジナルカードのまとめにもまとめているのでこちらもどうぞ

2013y02m21d_233411124.jpg

【Gor, Primal Hunter】
ビーストフォーク
自然文明・コスト7
パワー2000
■このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、相手は自分自身のマナゾーンからカードを2枚選び墓地に置く。

本作のオリジナルカードで最も強そうなカードです。焦土から繋がる2マナランデスと、もし実際にあったら現在でも一線級のカードになったと思われます。リョウさんのランデス扉が喉から手が出るほど欲しいカード。

2013y02m21d_233747118.jpg

【King Ambergris】
リヴァイアサン
水文明・コスト6
パワー5000
■バトルゾーンにある自分の他の水のクリーチャーが破壊される時、墓地に置くかわりに自分の手札に戻す。

Ambergris(アンバーグリス)とは竜涎香(りゅうぜんこう)とも言って、マッコウクジラの腸でできる結石で、香料の一種のことのようです

2013y02m21d_233526538.jpg

【Illium, Electric Guardian】
ガーディアン
光文明・コスト6
パワー6500
■ブロッカー(相手クリーチャーが攻撃する時、このクリーチャーをタップして、その攻撃を阻止してもよい。その後、その相手クリーチャーとバトルする)
■このクリーチャーは、相手プレイヤーに攻撃できない。
■自分のターンの終わりに、このクリーチャーをアンタップしてもよい。

ガーディアンです(強調)。イラストを見ると軽量級に見えますが、コスト6とガーディアンの中ではかなりの大型。
どうでもいい知識ですが、E2が発売されるまで、コスト7以上のガーディアンは3弾のラーザ・ベガのコスト10が唯一で、サメンビー、ワクワク・チャップルンとE2で大型のガーディアンが現れるようになり、ユートピア、シャングリラというコスト10超えの超大型級ガーディアンが現れるまで実に10年もの歳月を要したことになります。

2013y02m21d_234028845.jpg2013y02m21d_233902182.jpg


【Phlael, Shadow of Betrayal】
ゴースト
闇文明・コスト4
パワー1000
■スレイヤー(このクリーチャーがバトルする時、バトルの後、相手クリーチャーを破壊する)
■このクリーチャーが破壊される時、墓地に置くかわりに自分の手札に戻す。

イラストがどちらかわからなかったため、両方載せておきました。
左側はゴーストというよりブレインジャッカーっぽいので右側の方のような気もしますが、一体どちらなのでしょうね?

こんなところでしょうか

DMもまだまだ人には知られていない世界があるもので、そういったものの紹介をこれからも続けようと思います。
多人数戦ルールの研究なども、そういった世界に興味を持ってくださる方が一人でもいればと思うばかりです。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://melkiss063.blog.fc2.com/tb.php/286-febe53f4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。