上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日はDMEDHデッキの記事になります。
『DMEDH 白赤緑リキ・ゴウ』

統 雷神リキ/霊神ゴウ

1 x 悠久を統べる者 フォーエバー・プリンセス
1 x 無双竜鬼ミツルギブースト
1 x 無頼聖者スカイソード
1 x 破壊と誕生の神殿(エターナル・サンクチュアリ)
1 x 超次元ホワイトグリーン・ホール

1 x 口寄の化身(シャーマン・トーテム)
1 x 次元流の豪力(ジオ・バリバリ・ミランダ)
1 x アラゴト・ムスビ
1 x 爆獣マチュー・スチュアート
1 x カブラ・カターブラ
1 x 青銅の鎧(ブロンズ・アーム・トライブ)
1 x 霞み妖精ジャスミン
1 x クリクリ・イガラーズ
1 x 獰猛なる大地
1 x 爆進イントゥ・ザ・ワイルド
1 x 超次元フェアリー・ホール
1 x ライフプラン・チャージャー
1 x ディメンジョン・ゲート
1 x 母なる大地
1 x 母なる紋章
1 x ジオ・ブロンズ・マジック
1 x ガーデニング・ドライブ
1 x ガチンコ・ルーレット
1 x 再誕の社
1 x お清めトラップ
1 x ハッスル・キャッスル

1 x 光神龍スペル・デル・フィン
1 x 真実の名(トゥルーネーム) バウライオン
1 x 光牙王機ゼロカゲ
1 x 凍結の魔天ダイイング・メッセージ
1 x 虚構の支配者メタフィクション
1 x 雷鳴の守護者ミスト・リエス
1 x 光器パーフェクト・マドンナ
1 x 我牙の精霊 HEIKE(ヘイケ)・XX(ダブルクロス)
1 x 魔光王機デ・バウラ伯
1 x 空域の守護者ブインビー
1 x 光牙忍ハヤブサマル
1 x プリズン・スパーク
1 x アポカリプス・デイ
1 x ゲット・レディ
1 x 超次元ドラヴィタ・ホール
1 x デ・バウラ・チャージャー
1 x ロジック・スパーク
1 x ロジック・キューブ
1 x ヘブンズ・キューブ
1 x ダイヤモンド・ソード
1 x インパクト・アブソーバー

1 x 超銀河竜GILL(ギル)
1 x 永遠のリュウセイ・カイザー
1 x ティラノ・リンク・ノヴァ
1 x インビンシブル・フォートレス
1 x 超銀河弾 HELL(ギャラクシーショット ヘル)
1 x 獅子幻獣砲
1 x 勝負だ!チャージャー
1 x ダッシュ・チャージャー

1 x 黄金龍(ゴールデン・ドラゴン) 鬼丸「王牙(オーガ)」
1 x 「祝」の頂 ウェディング
1 x 運命

1 x ガイアール・カイザー/激竜王ガイアール・オウドラゴン
1 x アクア・アタック〈BAGOOON(バゴーーーン)・パンツァー〉/弩級合身!ジェット・カスケード・アタック
1 x 時空の不滅ギャラクシー/撃滅の覚醒者キング・オブ・ギャラクシー
1 x 勝利のガイアール・カイザー/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン
1 x 魂の大番長「四つ牙(クワトロ・ファング)」/バンカラ大親分 メンチ斬ルゾウ
1 x タイタンの大地ジオ・ザ・マン/貪欲バリバリ・パックンガー
1 x 勝利のプリンプリン/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン


《リキ・ゴウ》
リンクしたゴッドを一枚の統率者として扱うゴッド統率者ルールを採用した統率者。
ゴッド統率者のルールの紹介自体は以前に書きましたが、ゴッド統率者を採用したデッキはまだ載せていませんでした。
リースカラーのクリーチャーは禁止カードのロマネスクを除くとダイカイザン、アラゴナイト、イタダキマツタケの3枚だけであり、ダイカイザンは以前紹介したデッキの統率者として使っていましたがメインの仕事が使い捨ての進化元といまいちぱっとしなく、イタダキマツタケはSCやオーケストラと組ませることが前提にしないとバニラであり、自動アンタップで統率者ドロー要員になるアラッゴナイトが一番マシと、白赤緑は統率者にあまり恵まれた色とは言えませんでした。
そこでこれを採用。11コストと重いですが、統率者ゴッドなので召喚酔いがないため統率者ドローや打点追加に貢献したり、呪文回収とマナブーストのシステムにもなります。

《ロジック・キューブ》《ロジック・スパーク》《ヘブンズ・キューブ》
デッキの安定性を支える呪文サーチ。3ターンブースト失敗の初動時にライププラン、ブースト成功後の4ターン目にイントゥザワイルド、ハンドが枯渇したときに運命orゲットレディ、全体除去したいときにアポカリ、プレイヤーを倒したいときにはノヴァorフォートレスorHELLと、序盤から終盤まで活躍します。


《ティラノ・リンク・ノヴァ》
このデッキのフィニッシャー、相手は死ぬ。
守りを固めつつブーストしてこれを撃つのがこのデッキの基本的な戦略で、これ一枚を呪文回収で使いまわすだけでも理論上はプレイヤー全員を倒しきれるので、デッキスペースの節約に大きく貢献していると言えます。

《フォートレス》《HELL》
サブフィニッシャー。終盤になるとノヴァよりも強くなる場面が頻繁にあります。

《インパクト・アブソーバー》
マドンナやガンリキ以上に防御カードとして優秀であることがわかってきたクロスギア。
自分の攻勢の足を引っ張るリスクもありますが重呪文での爆撃がメインなので気になりません。

《ウェディング》
前回の記事でも触れましたが多人数戦では相手のシールドが増えてしまうため、プレイヤーの数が減らないと強さを発揮できないので通常戦に比べてやや使いにくいですが、相手のシールドの枚数が問題にならないデッキなので、十二分に活躍してくれます


防御力と安定性が特徴的なグッドスタッフ型のEDH用デッキです。貸し出して使うことを前提に組んであるため、事故率の低さや対応力を重視していて、EDHデッキの中ではかなりガチめのデッキといえます。
呪文ロックがかなり苦手上にロックを解除できるカードがかなり少ないため、呪文ロックを持っているプレイヤーを優先的に狙ったりロックを解除できるプレイヤーを追い詰めすぎないように立ち回ることが重要となってきます。

こんなところでしょうか


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://melkiss063.blog.fc2.com/tb.php/282-52a93a65
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。