上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DMEDHという非公認の変則ルールをよく扱っているこのブログですが、DMのローカルなレギュレーションとして最もプレイ人口が多いものの一つにボルコン杯があります。

今日はそんな各地のボルコン杯のレギュレーションをまとめてみました。
■紀州ボルコン杯

プレミアム殿堂ルールに加え、以下を追加の規定とする。
・ハイランダー構築戦(全てのカードを1枚しかデッキに入れることができない)

・《ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン》《ボルメテウス・レッド・ドラグーン》を合計2枚以上入れる
→この2枚のみハイランダー制限を適用せず、4枚まで入れることができる。
(例)ホワイト1枚+レッド1枚/ホワイト2枚+レッド0枚/ホワイト4枚+レッド4枚

・自然文明(多色含む)及び《真実の名 ボルメテウス・ゼロ・ドラゴン》を除くゼロ文明使用禁止

・3文明以上で構築、使用する文明のカードは4枚以上入れる(多色含む)

・サイキッククリーチャー使用禁止

・1マナ及び2マナのクリーチャーは合計4枚まで
→ただし名前に「コダマンマ」を含むカードは1枚まで

・スピードアタッカー及び進化クリーチャーは合計4枚まで
→《永遠のリュウセイ・カイザー》など「スピードアタッカー」を持たないものは含まれない。

・《アクア・ハルカス》《クゥリャン》《ガガ・ピカリャン》はいずれか1枚まで

・以下のカードを使用禁止とする
《闇戦士ザビ・クロー》
《凶戦士ブレイズ・クロー》
《エクス・リボルバー・ドラゴン》
《封魔ゴーゴンシャック》
《ガイアクラッシュ・クロウラー》
《サイバー・G・ホーガン 》
《勝利宣言 鬼丸「覇》」》
《ラッキー・ダーツ 》
《至宝オール・イエス》
「バジュラ」と名の付くカード
「GENJI」と名の付くカード
「バルガ」と名の付くカード
「インフィニティ」と名の付くカード

■富士ボルコン杯

・同名カードは一枚しか入れることができないハイランダー構築。ただしボル白ボル赤を除きます

・《ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン》/《ボルメテウス・レッド。ドラグーン》をあわせて2枚以上入れる

・緑無しの4色
・各文明はそれぞれ最低でも7枚以上入れなくてはならない
・相手プレイヤーを攻撃可能な1コストクリーチャーの禁止
・2コストのクリーチャーは3枚まで

・スピードアタッカーは1枚まで
※スピードアタッカーの能力を付加するクリは数に数えません

・Wブレイカーは5枚まで。ボル白、ボル赤は除きます

・Tブレイカー以上のブレイク数を持つクリーチャーの禁止
例.Q・ブレイカー/ワールドブレイカー/G・ブレイカーは禁止 (クルーブレイカーも禁止とします)

・プレミアム殿堂、殿堂カードの禁止、ゼロ文明とサイキッククリーチャー禁止
それに加え、以下のカードを禁止とします
《ガイアクラッシュ・クロウラー》
《サイバー・G・ホーガン》
《爆竜GENJI・XX》
《エクス・リボルバー・ドラゴン》
《カモン・ビクトリー》

■泉州ボルコン杯

・同名カードは一枚しか入れることができない(ハイランダー構築)

・《ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン》/《ボルメテウス・レッドドラグーン》をあわせて2枚以上入れる。                      
・自然文明の使用禁止とする。
・3文明以上で構築、使用する文明のカードは4枚以上入れること。
・サイキッククリーチャーの使用を禁止する。(超次元呪文の使用は可)
・《真実の名 ボルメテウス・ゼロ・ドラゴン》以外のゼロ文明のカードの使用を禁止する。
・当大会では、準決勝以降、サイドボードの使用を認める。
サイドボードは、8枚までとする。また、デッキに登録されているカードと同名のカードを入れることはできず、サイドボードの《ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン》/《ボルメテウス・レッドドラグーン》は規定2項の合計枚数に含まれない。また、自然文明のカードをサイドボードに入れることはできない。サイドボード内のカードについて、このほかに規定を設けないが、カードを交換する際に、デッキが上記1~5項に準じていなければならない。
なお、サイドボードを用いた調整は、準決勝マッチ間に行われる。
⇒○回戦終了→サイドを用いた調整→準決勝→サイドを用いた調整→決勝


■徳島ボルコン杯(ネオボルコン杯)

・紀州ボルコン杯ルールに加え《虚構の影 バトウ・ショルダー》が禁止

■第三回仙台CSサブイベントでのボルコン杯

・すべてのカードを1枚だけ積める、ただし「ボルメテウス」と名のついたカード以外。
・必ず「ボルメテウス」と名のついたカードを2枚以上
・超次元ゾーンの使用は禁止
・自然禁止、光水闇火を各色4枚以上
・《バジュラズ・ソウル》禁止


このように、各地で独自のレギュレーションで行われているようです。
タワーデュエルやDMEDH(またはEGH)も調べてみたら違ったルールで色んな方々が楽しんでいるようです。
ハウスルールというものは地域やコミュニティに合わせて変化するもので、どれが一番正しいというものではないんでしょうね。

こんなところでしょうか
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://melkiss063.blog.fc2.com/tb.php/280-6133cd3f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。