上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブラックボックスパックの先行販売が楽しみでなりません。これだけ事前情報がない以上、自分の目で確かめたいものです。
今日は鉄壁の統率者のDMEDHデッキの記事になります。
『DMEDH 白単ハヤブサマル』

統 光牙忍ハヤブサマル

1 x 聖帝リオン・ザード

1 x 光神龍スペル・デル・フィン
1 x 偽りの王(コードキング) ナンバーナイン
1 x 真実の名(トゥルーネーム) ホワイト・オブ・ライオネル
1 x 真実の名(トゥルーネーム) バウライオン
1 x 光牙王機ゼロカゲ
1 x 覚醒の精霊ダイヤモンド・エイヴン
1 x 予言者プロキオン
1 x 不滅の精霊パーフェクト・ギャラクシー
1 x 凍結の魔天ダイイング・メッセージ
1 x 虚構の支配者メタフィクション
1 x 天雷の聖霊ユリウス
1 x 雷鳴の守護者ミスト・リエス
1 x 光器パーフェクト・マドンナ
1 x サイコメトラー ヤミカバチ
1 x 天恵の精霊アステリア
1 x 光流の精霊ガガ・カリーナ
1 x 粛清者エルヴィーネ
1 x 日向草(ソーラー・グラス)
1 x 空域の守護者ブインビー
1 x 光魂の伝道士クルス
1 x 天雷霊騎サルヴァティ
1 x 怪盗パクルパン
1 x 霊騎ソール・デナン
1 x 聖騎士メビウスリンク
1 x 磁力の使徒マグリス
1 x ガガ・ピカリャン
1 x 巡霊者メスタポ
1 x 快癒の使徒リアス
1 x 聖騎士ミルキーウェイ
1 x 黙示賢者ソルハバキ

1 x プリズン・スパーク
1 x アポカリプス・デイ
1 x 超次元ドラヴィタ・ホール
1 x 超次元シャイニー・ホール
1 x ゲット・レディ
1 x パニック・ルーム
1 x パニッシュ・ホールド
1 x ダイヤモンド・カッター
1 x グローリー・スノー
1 x ヘブンズ・チャージャー
1 x ライトニング・チャージャー
1 x スローリー・チェーン
1 x ダイヤモンド・ソード
1 x ロジック・キューブ
1 x ロジック・スパーク
1 x ヘブンズ・キューブ
1 x ウィザード・リザレクション
1 x ソーラー・チャージャー
1 x 超次元サプライズ・ホール
1 x マーシャル・ロー

1 x ペトリアル・フレーム
1 x グロリアス・ヘブンズアーム

1 x 黄金龍(ゴールデン・ドラゴン) 鬼丸「王牙(オーガ)」
1 x 「勝利」の頂 バトル・ザ・クライマックス
1 x 「武」の頂 マキシマム・ザ・マックス
1 x 「俺」の頂 ライオネル
1 x 運命

1 x 時空の雷龍チャクラ/雷電の覚醒者グレート・チャクラ
1 x アクア・アタック〈BAGOOON(バゴーーーン)・パンツァー〉/弩級合身!ジェット・カスケード・アタック
1 x 時空の不滅ギャラクシー/撃滅の覚醒者キング・オブ・ギャラクシー
1 x 勝利のプリンプリン/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン
1 x 時空の剣士アクア・カトラス/青藍の覚醒者アクア・エクスカリバー
1 x イオの伝道師ガガ・パックン/貪欲バリバリ・パックンガー
1 x 時空の踊り子マティーニ/舞姫の覚醒者ユリア・マティーナ
1 x 時空の喧嘩屋キル/巨人の覚醒者セツダン


《ハヤブサマル》
全統率者の中で最高の防御力を持つと思われるガーディアン。統率領域からはニンジャ・ストライクの発動やゼニス・シンフォニー、トラマルGGGで踏み倒すことができるのでそれを最大限活かそうというわけです。

《デルフィン》《ナンバーナイン》《メスタポ》
こういった妨害システムはヘイトが上昇しやすく、中途半端な状態で出すと集中攻撃を受けてプレイヤーごと始末されかねませんが、統率者のお蔭で防御力はとても高いので気にせず強力な拘束を行えます。メスタポはこちらのロジック系も使えなくなるので注意

《ホワイト・オブ・ライオネル》
緑のマナブーストも青のドローもない白単で、ドローとブーストを同時に行える大型ブロッカー。このデッキのカードの多くに言えますが、派手さの代わりに堅実さがあります。

《ソール・デナン》
白の置きドローフル活用。結構いい仕事します。

《メビウスリンク》《パクルパン》
何せ白単なので攻め手に欠ける面は否めません。統率者のおかげで守りはあまり気にしなくていいのでこういったカードでちまちまと殴っていきます

《ミルキーウェイ》
マナブーストシステム。統率者によって殴り返されにくいのでタップトリガーを何度も使えます

《ピカリャン》《マグリス》《リアス》
cip1ドローのアタッカー。守りを気にせずどんどんビートしていきます

《ロジック・キューブ》《ロジック・スパーク》《ヘブンズ・キューブ》
呪文サーチ。3ターン目に使うとグローリー・スノーをサーチする初動要員になり、攻勢を受けるときにはパニッシュ・ホールドを持ってくる防御トリガーにもなります。

《チャクラ》
H・フィールドは常在型効果のため相手プレイヤー全員が対象となるので多人数戦で使われることは殆どないのですが、このデッキではシールドを割られるどころかパクルパンやグロリアス・ヘブンズアームで増やすこともできるので、覚醒条件を簡単に満たすことができます。


DMEDHでの統率者シノビの案は前から言われており、しけがオロチで青単を組んだりしてました。
統率者ハヤブサマルはさすがに強すぎるんじゃないかと思ってtkhs君あたりに試してもらおうかと思っていましたが、どうも最近音沙汰がないようなので自分で組んでみることに。
統率者は4マナ溜まった時点でパワー3000以上のアタックを半無限ブロックすることができ、非常にインチキ臭い防御力を誇りますが、無限掌、アンブロッカブル、ガンリキ・インディゴ・カイザー、リュウセイ・カイザー、フォエバー・プリンセス、キング・アルカディアス、ボルシャック・クロス・NEXなど、得意不得意な文明があるものの突破方法はいくらでもあるので、防御力に対する攻撃力の低さもあいまって、今のところ規制を免れています。

単色の統率者を使うと普段絶対に使われないようなカードを探して使うことが多くなるので、「構築のやりくり感」があってとても楽しいものです。
やはり通常で使わないカードを積極的に使うことは変則ルールの醍醐味の一つといえます。

こんなところでしょうか

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://melkiss063.blog.fc2.com/tb.php/276-b6fb79f3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。