上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お知らせ的な
DMEDHの既知の問題として、ゼニスがバランスブレイカーであるというものがあります。文明を選ばずあらゆる統率者のデッキに採用できるため、統率者に足りない文明の要素を補填したり、フィニッシャー不足のデッキのフィニッシャーになったりと、様々な場面で活躍してきました。
とはいえ、流石にあまりに活躍しているせいで、DMEDHの規制要因である「デッキの多様性を損ねる」だったり、「他のカードの出番を食いすぎてしまう」に当てはまってしまっているので規制をかけるべきだと判断しました。
上記の要素はエターナルΩという統率者のような再登場能力のせいでより顕著です。

今までは、E2はゼニスプッシュなのでEDHでもゼニス環境も楽しみつつ、サイキックに対するシャーロックやファンクのようなカードが出るのを待つというスタンスでしたが、それを続けるには危険なゼニスが増えすぎており、単体での規制ではキリが無いため、ゼニスやゼロ文明といったまとまった集団で多少違和感があっても専用のルールが必要ということになりました。

そこで先週議論して幾つかの案に絞り込むことができたので、その中の一つである「エターナル・Ωを廃止する」という案を暫くの間試験採用することに決めました。
また、この期間中は禁止カードである《王牙》及び《ベートーベン》の禁止が解除されます。

EDHでは当初はそこまで危険だとは思わなくても、使って見るとこれはまずいと感じるカードがこれまで沢山ありました。(最近だとゼニス・レクイエム)
ゼニスもこのルールだと弱くなりすぎてしまうというのも考えられるので、そうなったらその都度ルールを変えて実験してみます。実践あるのみ
そういう実験を繰り返して、このルールがDMEDHのルールとして本採用されたりしたらまたお知らせします。

こんなところでしょうか

今日はここまでです
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://melkiss063.blog.fc2.com/tb.php/269-e37c60d7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。