上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
公式戦が迫っていてE2デッキの調整を進めていますが、どうにも手応えがありません。中部大会が最終日なので時間が空きすぎたせいもあってモチベが失速していたようです。ここから巻き返さないと。

今日はDMEDH用デッキの記事になります
『DMEDH 黒緑デーモン・コマンド』

統 腐敗無頼トリプルマウス

1 x 超次元の手ブラック・グリーンホール

1 x 悪魔神バロム
1 x 悪魔神バロム・エンペラー
1 x 悪魔神グレイトフル・デッド
1 x 暗黒の悪魔神ヴァーズ・ロマノフ
1 x 死神明王ガブリエル・XENOM(ゼノム)
1 x 漆黒戦鬼デュランザメス
1 x 魔光帝フェルナンドVII世
1 x 無情プリンス デスシックス
1 x 死神の蘇生者シュタイナー
1 x 魔龍バベルギヌス
1 x 威牙の幻ハンゾウ
1 x 死神の邪蹄ベル・ヘル・デ・ガウル
1 x 狼虎サンダー・ブレード
1 x 猛虎ライガー・ブレード
1 x 魔刻の斬将オルゼキア
1 x 凶骨の邪将クエイクス
1 x 従獄の凶獣ドルベロス
1 x ゲロ NICE(ナイス)・ハンゾウ
1 x 暗黒導師ブラックルシファー
1 x 冥府の覇者ガジラビュート
1 x 封魔妖スーパー・クズトレイン
1 x 盗掘人形モールス
1 x 砕骨の刺客ゾルバス
1 x 屑男
1 x 絶叫の影ガナル・スクリーム
1 x ロスト・ソウル
1 x 超次元バイス・ホール
1 x 地獄門デス・ゲート
1 x ソウル・アドバンテージ
1 x 炎獄デス・サンライズ
1 x 超次元ミカド・ホール
1 x 超次元リバイヴ・ホール
1 x インフェルノ・サイン
1 x インフェルノ・ゲート
1 x リバース・チャージャー
1 x プライマル・スクリーム
1 x ロスト・チャージャー
1 x ボーンおどり・チャージャー

1 x 大喰の超人(むちゃぐい・ジャイアント)
1 x 次元流の豪力(ジオ・バリバリ・ミランダ)
1 x アラゴト・ムスビ
1 x 青銅の鎧(ブロンズ・アーム・トライブ)
1 x カブラ・カターブラ
1 x 霞み妖精ジャスミン
1 x 獰猛なる大地
1 x 爆進イントゥ・ザ・ワイルド
1 x 超次元フェアリー・ホール
1 x ライフプラン・チャージャー
1 x カラフル・ダンス
1 x 母なる紋章
1 x 母なる大地
1 x 母なる星域
1 x ディメンジョン・ゲート
1 x セブンス・タワー
1 x 再誕の社
1 x お清めトラップ
1 x ハッスル・キャッスル

1 x 「謎」の頂 Z(ゼータ)-ファイル

1 x 時空の封殺ディアスZ(ゼータ)/殲滅の覚醒者ディアボロスZ(ゼータ)
1 x 時空の斬将オルゼキア/魔刻の覚醒者G(ギャラクティカ)・オルゼキア
1 x 勝利のガイアール・カイザー/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン
1 x 時空の凶兵ブラック・ガンヴィート/凶刃の覚醒者ダークネス・ガンヴィート
1 x 魂の大番長「四つ牙(クワトロ・ファング)」/バンカラ大親分 メンチ斬ルゾウ
1 x タイタンの大地ジオ・ザ・マン/貪欲バリバリ・パックンガー
1 x ヴォルグ・サンダー/雷獣ヴォルグ・ティーガー
1 x 時空の霊魔シュヴァル/霊魔の覚醒者シューヴェルト


《トリプルマウス》
E2でよく使われているせいで最近よく見かけるこのデッキの統率者。黒緑の多色クリーチャーで消去法で選択。可も無く不可もなく

《Zファイル》
このデッキのコンセプト。際限なく蘇生させる上に本人がゼニスなのはEDH的には強すぎるんじゃないかと思っていましたが、墓地を肥やす手間がかかったり、蘇生が墓地のDC全部強制で融通が利かなかったり(白入りだとバルカディアスを入れれなかったり光DCをバロムが巻き込む)、イージスにとても弱かったり、自分のクリーチャーを全滅させないといけないのでキリモミスラッシュとかがないと決定力に欠けるなど欠点も多いので規制は掛かりませんでした。
それでも墓地からDCを沸かせるのは強い上に楽しいです。

《クエイクス》
Zファイル時に異様な強さを発揮するハンデスデーモンコマンド。割と真面目に強いんですねこいつ

《ドルベロス》
さめいまるさんイチ推しの犬(?)。Zファイルで延々とコストを釣り上げる

《ゾルバス》
見た目以上に重要なカード。ブロッカーのデーモンコマンドはこれ以外にギリアム、バルホルス、ジャンヌしかいなく(あとサイキックにスヴァ)、この色でまともなブロッカーはこいつだけだったりします。

《ヴォルグ・サンダー》
やはり墓地肥やし要員。自身がデーモンなのもいい。


EDH用ネクラエンジェルデーモンから派生したZファイルデッキです。Zファイルの検証用として作り、赤や白を入れて蘇生したデーモンをSAにしたりと実験していましたが、安定性とデーモンのバリエーションを重視してこの色になりました。
防御力が薄い代わりに除去が分厚くなっているので、プレイヤーが減ってくると強みが出てきます。
Nワールドやお清めトラップといったよく見かける墓地利用対策が結構刺さるので、なるべくそういうカードが入っていそうなプレイヤーから倒しに行くといいでしょう

こんなところでしょうか

今日はここまでです
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://melkiss063.blog.fc2.com/tb.php/264-b6cd1b87
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。