上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日はDMEDHの新ルールについて

DMEDHの規制カードは、禁止、コンビ殿堂、トリオ殿堂、統率者禁止の他に、統率者が4色以上、3色以上で禁止のカードがあります。
ですが、DMのクリーチャーで4色を持つクリーチャーは特殊なケース以外存在しません。
そのため、リンクしたゴッドを一騎の統率者として運用するための新ルールを些細ことamuletに作成してもらいました。
概要は以下の通りです。

・ゴッド統率者はゴッドの完成形のみ使用可能とする。(例:罪罰神イザナオルフェ、破壊神ヘヴィデスメタル、邪神M・C・ロマノフ。五神は天海黒炎地神で完成系と見なす)
以下、完成形のゴッド統率者について。
・構築ルール上、統率者ゴッドは一枚のカードと見なします。
・召喚コスト、パワー、能力はG・リンク通り、それぞれの合計となります。
・統率領域から召喚する時は、完成形でのみ召喚することができる。バラバラに召喚することはできません。
・バトルゾーンを離れる時は、そのゴッドに含まれるカード全てが離れます。統率領域に戻すことは可能。戻す時は、ゴッドの完成形で戻す。
統率領域に戻さない場合は、そのゴッドに含まれるゴッドを一枚選び離れた場所に置き、それ以外を統率領域に戻す。この際、離れたカードはゴッドの完成形であるものと見なし、単体の能力だけでは参照されない。
・リンクしている時の能力は、そのゴッドの能力として発揮される。
・リンクした時の能力は、バトルゾーンに出した時の能力として発揮される。
・ゴッド統率者のリンクは如何なる場合も外すことはできない。
・ゴッド統率者は、召喚酔いしない。
・ゴッド統率者に含まれるカードは合計一枚とする。但し、ゴッド統率者が進化クリーチャーであるときの進化元は除く。
・進化ゴッド統率者は、その全ての進化条件を満たさなければ、バトルゾーンに出すことはできない。
・N枚とリンクしている時、の能力は使用できない。但し、N神になった時の能力はリンクしたときとして扱うため使用できる。
・ゴッド統率者は枚数に関係なく、0枚とリンクしているものとする。
・統率領域からゴッド統率者を召喚する時は、統率領域に全て揃っていないと召喚できません。


まだ試験運用中なので細かい箇所は変わる可能性があります、トップページにも同じものを載せておくのでチェックしていただければ幸いです。
「統率領域に戻さない場合は、そのゴッドに含まれるゴッドを一枚選び離れた場所に置き、それ以外を統率領域に戻す。この際、離れたカードはゴッドの完成形であるものと見なし、単体の能力だけでは参照されない。」という記述が少々わかりにくい表現ですが、これはリンクしたゴッドを一枚のカードサイズに縮小して当てはめてみるとわかりやすくなると思います。

こんなところでしょうか

これは本山式EDHを作った当初からあった案で、統率者とデッキのバリエーションが増えることでゲームがより奥深くなるものと思います。元々高い敷居が更に高くなった気もしますが。


今日はここまでです
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://melkiss063.blog.fc2.com/tb.php/261-3fc6ac84
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。