上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
guardians.jpg

昨日は通常環境用のケルケルヨのデッキを公開しましたが、今日はDMEDH用のです。


『DMEDH 白単ガーディアン』

統 守護聖天タース・ケルケルヨ

1 x 守護聖天ロス・リックス

1 x 優位の守護者サメンビー
1 x 聖域の守護者フォボス・エレインγ
1 x 雷鳴の守護者ミスト・リエス
1 x 暁の守護者ファル・イーガ
1 x 迎撃の守護者エビンビー
1 x 空域の守護者ブインビー
1 x 殉教の守護者メンコイコイ
1 x 黙示聖者ファル・レーゼ
1 x 幸運の守護者ヤラレ・タイラッキー
1 x 光牙忍ハヤブサマル
1 x 神託の守護者ミント・シュバール
1 x 黙示護聖ファル・ピエロ
1 x 束縛の守護者ユッパール
1 x 時空の守護者ジル・ワーカ
1 x 曙の守護者パラ・オーレシス
1 x 慈愛の守護者マモリ・タイハッピー
1 x 侵攻の守護者ガチャピンチ
1 x 渓谷の守護者クレスタ
1 x 光波の守護者テルス・ルース
1 x 蒼天の守護者ラ・ウラ・ギガ
1 x 白金の守護者ラ・ブール
1 x 星珠の守護者パラ・プロキオン

1 x 超神星ヴィーナス・ラ・セイントマザー

1 x 光牙王機ゼロカゲ

1 x 不滅の精霊パーフェクト・ギャラクシー
1 x 覚醒の精霊ダイヤモンド・エイヴン
1 x 予言者プロキオン
1 x 光器パーフェクト・マドンナ
1 x サイコメトラー ヤミカバチ
1 x 天恵の精霊アステリア
1 x 光器ペトローバ
1 x 光流の精霊ガガ・カリーナ
1 x 黙示賢者ソルハバキ

1 x プリズン・スパーク
1 x 大行進・スパーク
1 x アポカリプス・デイ
1 x ハピネス・ベル
1 x 超次元マザー・ホール
1 x 超次元ドラヴィタ・ホール
1 x 超次元シャイニー・ホール
1 x ゲット・レディ
1 x パニック・ルーム
1 x バインド・EVO(エボ)チャージャー
1 x パニッシュ・ホールド
1 x レインボー・アロー
1 x グローリー・スノー
1 x ダイヤモンド・ソード
1 x ロジック・キューブ
1 x ロジック・スパーク
1 x ウィザード・リザレクション
1 x ソーラー・チャージャー
1 x マーシャル・ロー

1 x ペトリアル・フレーム

1 x 無敵城 シルヴァー・グローリー

1 x 「祝」の頂 ウェディング
1 x 「命」の頂 グレイテスト・グレート
1 x 「俺」の頂 ライオネル
1 x 「武」の頂 マキシマム・ザ・マックス

1 x 激天下!シャチホコ・カイザー/絶対絶命ガロウズ・ゴクドラゴン
1 x 時空の不滅ギャラクシー/撃滅の覚醒者キング・オブ・ギャラクシー
1 x アクア・アタック〈BAGOOON(バゴーーーン)・パンツァー〉/弩級合身!ジェット・カスケード・アタック
1 x 時空の剣士アクア・カトラス/青藍の覚醒者アクア・エクスカリバー
1 x 勝利のプリンプリン/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン
1 x 時空の踊り子マティーニ/舞姫の覚醒者ユリア・マティーナ
1 x 時空の喧嘩屋キル/巨人の覚醒者セツダン
1 x 時空の英雄アンタッチャブル/変幻の覚醒者アンタッチャブル・パワード


《タース・ケルケルヨ》
統率者。進化元をバトルゾーンに出し直せるので実質SA。救援能力で味方のガーディアンをサポート。
どんどん殴ってアドを稼ぎたい。

《プロキオン》
Sバックとモヤシで何度も登場。単色かつ初期シールドが多いので相手によってはかなり粘れます。

《バインド・EVO・チャージャー》
チャージャーでマナブースト。何度か書いていますがDMEDHにおいてもマナブーストは重要で、緑のないデッキではチャージャーは重要。緑なし白入りならグローリー・スノーはほぼ必須です。
これはケルケルヨでマナからクリーチャーを踏み倒すのにも使います。
白単だとクリーチャーをマナから回収できるカードがソルハバキとライト・ブーメランぐらいなので重宝します。
多人数戦のルール的に紛らわしい箇所があるのでそこは問い合わせる予定。

《ダイヤモンド・ソード》
このデッキのフィニッシュ手段の大半はダイヤモンド系。軽量ガーディアンをばら撒いて凶器に変えたり。マキシマムをSAにして奇襲を掛けたりします。


《ダイヤモンド・エイヴン》
重いうえに呪文サーチが効かないのでそこまで要らない気もしますが、グレイテスト・グレートでマナから呼べるので一応採用。

《グレイテスト・グレート》
軽量ガーディアンを大量に展開。エイヴンを踏み倒すことでQブレイカーのSAにもなります。


完全に趣味の産物なDMEDH用デッキです。白単のカードパワーの低さに泣いた。
個別解説でも書いた通り、ダイヤモンド系での一斉攻撃が主なフィニッシュ手段で、軽量ガーディアンをケルケルヨで守りながらボードを維持していきます。
正直他のEDH用デッキに比べるとカードパワーが圧倒的に足りていませんが、E2のガーディアンプッシュとゼロ文明で多少カバーされることを期待しています。

こんなところでしょうか

自分の好きなクリーチャーをメインに据えてデッキを組むのも楽しみの一つですね。そういったものはたとえ弱くても使っていて楽しいものです。

今日はここまでです

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://melkiss063.blog.fc2.com/tb.php/225-4f92983e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。