上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


先週の大会で使用したデッキです。

空母打撃群

4 x 守護聖天タース・ケルケルヨ
2 x 光神龍スペル・デル・フィン
1 x 雷鳴の守護者ミスト・リエス
1 x 光器ペトローバ
4 x 空域の守護者ブインビー
4 x 束縛の守護者ユッパール
2 x 神託の守護者ミント・シュバール
1 x 光牙忍ハヤブサマル
2 x 黙示賢者ソルハバキ
1 x アポカリプス・デイ
1 x 超次元ドラヴィタ・ホール
1 x ダイヤモンド・ソード

4 x 霞み妖精ジャスミン
4 x 父なる大地
4 x 時空の庭園
4 x ハッスル・キャッスル

1 x 時空の雷龍チャクラ/雷電の覚醒者グレート・チャクラ
1 x アクア・アタック〈BAGOOON(バゴーーーン)・パンツァー〉/弩級合身!ジェット・カスケード・アタック
1 x 激天下!シャチホコ・カイザー/絶体絶命ガロウズ・ゴクドラゴン
1 x 勝利のプリンプリン/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン
1 x サンダー・ティーガー/雷獣ヴォルグ・ティーガー
1 x 時空の踊り子マティーニ/舞姫の覚醒者ユリア・マティーナ
2 x 時空の喧嘩屋キル/巨人の覚醒者セツダン


CVN《タース・ケルケルヨ》
このデッキの基幹というか旗艦である新鋭進化ガーディアン。アタック時に下にあるカードを踏み倒すことで進化したときの頭数が増えないデメリットを解消するだけでなく、cipの使い回しができます。
ユッパール→次のターンに進化してフリーズしたカードにアタックしながら再びユッパールや、cipドローのブインビー再召喚でハッスルを貼れなくても戦線を維持することができます。
ガーディアンへの救援能力も優秀で、殴り返しをブロックでケルケルヨに格納→再出撃の流れがあるのでオフェンスとディフェンスを同時にこなすことができ、軽量ガーディアンを随伴することで一つの戦闘群として機能させることができます。
また、庭園でマナゾーンのクリーチャーを下におけるので、状況に応じて踏み倒すことができる裏芸も。
一応枚数調整中で、進化元がいない状況で嵩張った怖いので1枚減らしてもいい気がしますが、やはりハイスペックなので肝心な時に引けないときのの方が辛いのと、一体目が進化しても進化元が残るので今は4枚で回しています。
ミカドホール+ブラック・ガンヴィートみたいに取り巻きごと除去されると辛いのでそこは要注意。

《ブインビー》
cip1ドローのブロッカーという理想的な進化元、相手の場にPクリーチャーがいるとパワーが17000になり、複数同時処理もできるため、次元入りビートダウンに無類の強さを誇ります。
ケルケルヨに進化して再ドローしたり、ブースト→ブインビー→ユッパールでタップキルしたりなど、序盤の起点となります。

《ユッパール》
このデッキの最強の除去カードであるガーディアン。
序盤ではビートの妨害やシステムを強引に崩し、ケルケルヨに進化して再びフリーズ。
素でも十分強力ですが、ケルケルヨとの相性が抜群によく、とても3コストとは思えない働きをするため、このデッキの強さの秘訣だったりします。
このカード、イエスの時も思いましたが強さの割に認知度が低い気が、テキスト知らない人が多い…
フリーズ自体が過小評価されてるとも思います。

《ミント・シュバール》
ドロマーハンデス型では中核を担っていましたがこちらではやや脇役です。cip呪文回収のブロッカー。
軽いので回収した呪文を即撃てるのが魅力です。
当初の予定ではこれとデッドリー・ラブをケルケルヨで回す戦術を採用する予定でしたが、ネクラにするスペースがなかったのと、何よりユッパールと父なる大地で十分すぎるほど除去が間に合ったので不採用となりました。

《ハヤブサマル》
いい加減禁止になるんじゃないかと言われているシノビ。妥当だとは思いますが、ガーディアンなので勘弁してほしいとも思います。いや駄目だけど。
このデッキではケルケルヨのお蔭でかなり雑に扱えます。

《ミスト・リエス》
5枚目の置きドロー。ガーディアンなのでミントのスリリング・スリーにヒットしたり、いざとなったら進化元にもできます。

《スペル・デル・フィン》
呪文ロックのフィニッシャー。ケルケルヨ+庭園ができるので2積み。思いと感じたら減らします。
庭園を使えば一応殆どのクリーチャーを踏み倒すことが出来ますが、だからと言ってGILLやリュウセイ・カイザーを入れようするのはどうなんでしょう。試してないのでわかりませんが獰猛の劣化になるような気がします。それでもシャーロックは欲しい気も。
この色で採用できるデルフィン以外のフィニッシャーがあればいいのですが…

《ペトローバ》
パンプアップ。除去をかわしたりタップキルの範囲を広げたりできます。
複数並べても効果は薄いので一積みです。
ゾルゲループを止めたのは偶々、意識してないわけでもないですが。

《ソルハバキ》
ハッスルとの相性が特にいいマナ回収。一積みのカードを拾いたい。
ダイヤモンド・ソードとも好相性

《アポカリプス・デイ》
全体除去トリガー。やっぱり一枚入っていると対応能力が違います。一枚だからこそ輝くカードです。
このデッキの除去であるユッパールと父なる大地は打点を減らすことが出来ないというのも採用の理由です。

《ドラヴィタ・ホール》
調整枠。正直いらない気もしますが、戦術に幅が出たり、ミントで使いまわせるので採用。

《ダイヤモンド・ソード》
打点追加。横に並べるデッキのお供。ケルケルヨをプリンで止められることもよくあるのでそれにも有効です。

《父なる大地》
軽量除去トリガー。やはり使い勝手がいいです。ミントやドラヴィタがあるので一枚減らすこともできますが、トリガーを減らしたくないのと、ハッスル採用デッキで緑は16枚は欲しいので4積みに。
あとハッスルを採用しているデッキはジェニーやパクリオのような妨害がないときついので、これのランデスがその代わりになっているという面も持っています。

《庭園》
基礎ブースト。中盤以降でもケルケルヨとのコンボがあるので腐りにくい。ケルケルヨの下にケルケルヨを置く「連ケルケルヨ」もあります。
ただ4枚も要るかと言われると微妙なので1~2枚はライフに変えた方がトリガー率が上がっていいかもしれない。

《ジャスミン》
基礎ブースト。クリーチャーが重要。そもそもブーストの枚数が少ないので増やす必要性も感じていますが、どうも細かい調整よりも4積みの方がいいような気がする4積み脳だったので、これから調整です。


僕が最近使用しているデッキで、かなりお気に入りです。
DMを始めた頃から使っているガーディアンですが、E2でプッシュされて嬉しい限りです。あまりガチになりすぎても困りますが。
やはり使って楽しいデッキを使うのが一番ですね。

まだまだ調整中ですが現行のレシピはこんな感じです。
次に他の採用候補の解説を


《ジル・ワーカ》
強力なビート耐性を持つガーディアンで、ケルケルヨ+これの場を作れれば救援能力でかなり守り固くなります。
cipを優先していたので採用していませんでしたが、割と強いんじゃないかと思います。

《テルス・ルース》
ランデス対策の軽量ブロッカーで、対メタヒューマノイドでは活躍してくれました。
cipもpigもないのでケルケルヨとの相性はあまりよくありませんが、バジュラ系に少し耐性ができるのと、何より軽いのが魅力。通称歯茎というわけではない

《ダイヤモンド・エイヴン》
庭園で踏み倒したときにソードよりも打点を増やせる。呪文ロック時にも使用可能。
とはいえダイヤモンド系を使いたいときにケルケルヨが立っている保証はないのでソードを優先

《PG》
白の大型クリーチャーの定番。
庭園ケルケルヨが使える状況は普通は7マナあるので有難味が薄い。

《シャーロック》
庭園ケルケルヨで。デルフィンと違って手札から出せないのが難点。
黒をタッチカラーで採れば採用するかも。もしくは再びネクラで考えるか。

《緊急再誕》
一瞬だけ入ってたカード。ケルケルヨとそこそこ相性がよく、デルフィンを踏み倒せるのを期待していましたが、使える場面がなかったので抜いてしまいました。

《各種究極進化》
庭園ケルケルヨで。ここまで来るとネタになってしまいますが、カリビアン・ムーンとかは面白そうです。

こんなところでしょうか

今日はここまでです









スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://melkiss063.blog.fc2.com/tb.php/224-0f072eb5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。