上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
次はDEMDH用のデッキレシピです。
『騎士は徒手にて死せず』

統 五元のロードライト

1 x ツナミ・カタストロフィー
1 x グランドクロス・カタストロフィー
1 x バジュラズ・ソウル
1 x 叫鬼 ジャミング・ビート
1 x イモータル・ブレード
1 x ペトリアル・フレーム
1 x 風刃 カミカゼ・スピリット
1 x 聖装 ネビュラ・ウイング
1 x ファイアー・ブレード
1 x 至宝 オール・イエス
1 x スパイラル・オーラ
1 x サブマリン・レイバー
1 x 天扇 ハタフリ・ハフリーズ

1 x 偽りの名(コードネーム) スネーク
1 x 偽りの名(コードネーム) イーサン
1 x 無頼聖者スカイソード
1 x 護精霊騎ヴァルチャー
1 x 超次元ガード・ホール
1 x 炎槍と水剣の裁

1 x 威牙の幻ハンゾウ
1 x 復讐のバイス・カイザーZ(ゼータ)
1 x 魔龍バベルギヌス
1 x 終焉の狂兵ブラック・ガンヴィート
1 x 邪将グレイト・アシカガ
1 x 超次元バイス・ホール
1 x 地獄門デス・ゲート
1 x リバース・チャージャー

1 x 蒼狼の始祖アマテラス
1 x シンカイサーチャー
1 x サイバー・N(エヌ)・ワールド
1 x 斬隠オロチ
1 x 蒼狼スペルギア・ファントム
1 x サイバー・ブレイン
1 x クリスタル・メモリー
1 x エナジー・ライト

1 x 維新の超人(リョウマ・ジャイアント)
1 x 斬込の哲(アイアン・アーム・トライブ)
1 x カブラ・カターブラ
1 x 青銅の鎧(ブロンズ・アーム・トライブ)
1 x 霞み妖精ジャスミン
1 x 獰猛なる大地
1 x 爆進イントゥ・ザ・ワイルド
1 x 超次元フェアリー・ホール
1 x フェアリー・ミラクル
1 x 再誕の社

1 x 神武の精霊オルテギア
1 x 不滅の精霊パーフェクト・ギャラクシー
1 x 聖獣ピュアイカズチ
1 x 五連の精霊オファニス
1 x 雷鳴の守護者ミスト・リエス
1 x 魔光王機デ・バウラ伯
1 x 光牙忍ハヤブサマル
1 x アポカリプス・デイ

1 x ボルベルグ・クロス・ドラゴン
1 x バザガベルグ・疾風・ドラゴン
1 x ボルバルザーク・紫電・ドラゴン
1 x アルティメット・影虎・ドラゴン
1 x ナインエッジ・夜叉・ドラゴン
1 x ボルット・紫郎・バルット

1 x 超時空ストームG(ゲンジ)・XX(ダブルクロス)/超覚醒ラスト・ストームXX(ダブルクロス)
1 x 時空の支配者ディアボロスZ(ゼータ)/最凶の覚醒者デビル・ディアボロスZ(ゼータ)
1 x 時空の凶兵ブラック・ガンヴィート/凶刃の覚醒者ダークネス・ガンヴィート
1 x 勝利のガイアール・カイザー/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン
1 x タイタンの大地ジオ・ザ・マン/貪欲バリバリ・パックンガー
1 x ハイドラ・ギルザウルス/死海竜ガロウズ・デビルドラゴン
1 x 時空の喧嘩屋キル/巨人の覚醒者セツダン
1 x 時空の英雄アンタッチャブル/変幻の覚醒者アンタッチャブル・パワード

多人数戦において、場持ちのいいカードは通常戦闘以上に重要な要素です。
そこで場持ちのいいクロスギアを主軸にアセンしたEDH用デッキがこれです。デッキの半数がクロスギアとそれの関連カードで占められています。
ブースト、ドロー、サーチを駆使して序盤はクロスギアを並べ、中盤以降からクロスギアで強化された各種クリーチャーで戦いを有利に進めていきます。統率者のロードライトも強力な戦力です。
クロスギアの優先度は
1:ファイアーブレード、カミカゼ・スピリット
2:ネビュラ・ウィング
3:ペトリアル・フレーム、スパイラル・オーラ
4:バジュラズ・ソウル
です。SAや除去体制は多人数戦で普段以上に強みを発揮します。
終盤になるとクロスギアでオファニスのG0を満たして無限ハヤブサマルを作ったり、紫電やDDZがバジュソやツナミで干渉力が大変なことになったり、影虎や維新が擬似ワールドブレイカーになったり、ブラック・ガンヴィートがSAで全員ハンデスしたり、グランドクロスイーサンやったりとかなり面白いことになります。

規制ルールにより5色デッキへの風当たりが強い本山式EDHですが、このデッキやAmuletのゴッド、ハクのダーツように一つのテーマでペイロードいっぱいにアセンできるのは楽しいもので、5色デッキの魅力ですね。
昔は今よりも5色パワーカード構築に近い構成で、ヴォルグサンダーを複数のプレイヤーに投げられて殺されたりしましたが、クロスギアのサポートクリーチャーを多く投入することでクリーチャー比を増やし解決しました。
おかげで赤の単色カードのリストを見ると無駄にテンションが上がってきます。(笑)

弱点は戦術的な意味では早めの妨害とビートダウンで、これは多くのEDH用デッキに共通していますが、このデッキではそれがかなり顕著です。クロスギアを用意するのに時間が掛かります。
構築段階ではグラン・ゼメキスという強烈なメタカードがあります。これを積まされだすとこのデッキを崩さざるを得なくなります。それぐらい無理ゲーです。
DMEDHはカジュアル的なものなのであまり露骨な対人メタは遠慮願いたいのですが、これは致命的な弱点を抱えたデッキを作った僕が悪いのかわかりません。正直メタルやユリウス級のギア破壊でも結構きついのでそれくらいで勘弁してくれと願うのは、僕の身勝手なのでしょうかね?

こんなところでしょうか

明日からちょっとした旅に出かけるのでしばらく更新できないかもしれません、2回も記事を書いたのはこのためですね、行ってきます。

今日はここまでです
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://melkiss063.blog.fc2.com/tb.php/193-7962a726
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。