fc2ブログ
・色規制システムは現状に即しているのか
統率者の文明が増える毎に規制カードが増えていく規制システムはDMEDH独自のものですが、これが現状に即しているのかはわかりません。
これの目的は2つあり、1つ目は特定のカードの組み合わせを防ぐためのコンビ殿堂の大型版であること。
そして、デッキのバリエーションを増やすためです。
全てのカードがマナになり、色の要求も1枚だけのデュエマのルールでは、遅いデッキだと基本的に混色が有利になります。
DMEDHはゲームスピードを遅く設定しているので、色の多いデッキを組まない理由が希薄になります。
これを解消するために、色が増えると規制カードが増えていく今のシステムを採用しています。
しかしDSでマナ武装が登場したことにより、単色デッキが強化されました。
混色>単色という前提が崩れたのです。
今でもこのシステムは継続しているものの、他にもっといいアイデアがないものかと常に考えていますが、実現には至っていません。
DMEDHの規制リストを改変する人はいても、この仕組みまで手を入れるケースは見たことがありません。
考えていないのか、これよりもいいものがないのかどちらなんでしょうか。
DMEDHにとって、よりより仕組みとは何なのでしょうね?

スポンサーサイト