fc2ブログ
関連記事:英語版テキストから見る種族の括りの裁定

《技師ピーポ》

日語版:■ このクリーチャーがバトルゾーンから自分の墓地に置かれるとき、各プレイヤーは自分自身のマナゾーンからカードを1枚選び、それぞれの墓地に置く。

英語版:■ When this creature is destroyed, each player chooses a card in his mana zone and puts it into his graveyard.

《シュトラ》

日語版:■ このクリーチャーがバトルゾーンに出たとき、各プレイヤーは自分自身のマナゾーンからカードを1枚ずつ選び、それぞれの手札に戻す.

英語版:■ When you put this creature into the battle zone, return a card from your mana zone to your hand. Then your opponent chooses a card from his mana zone and returns it to his hand.

eachは「各」「それぞれ」という意味であり、MTGではこの書き方だと《技師ピーポ》はプレイヤー全員が対象になります。
対して《シュトラ》は自分のマナを手札に戻し、その後相手は自身のマナを手札に戻すという書き方で、この相手とは1人のことを指します。

話が逸れますが、《技師ピーポ》は「バトルゾーンから自分の墓地に置かれるとき」という表記のため、一時期封印から墓地に落とされた時にも誘発する裁定で、ボマーバイクというデッキタイプもありましたが、英語版では他の「破壊されたとき」と同じ書き方に統一されています。

日本語テキストで「各プレイヤー」とあっても原文では《シュトラ》のように対象の相手プレイヤーが1人の場合と《技師ピーポ》のように相手全員の場合があり、新規カードに「各プレイヤー」とあってもそれの適正な対象を判別することは不可能です。

デュエマは公式で多人数戦をサポートしていないため、その対象が1人であっても相手全員であっても「各プレイヤー」というテキストを区別なく使っても問題ないからですが、いざ落とし込もうとすると判別できないため、全員対象で統一しています。

昔は《銃神兵ディオライオス》が再録で「各プレイヤー」という表記がなくなったりしていたのですが、最近は《闘い踊る凶器》《青守銀 シルト》のように、「各プレイヤー」の表記が増えています。
翻訳のフォーマットが変わっただけだとは思いますが、DMEDHでの影響は大きく、ルール品質向上のためテキストの表記は引き続き注視していきます。

参考
《銃神兵ディオライオス》

日(初期):■ このクリーチャーがバトルゾーンに出たとき、各プレイヤーは自分のクリーチャーを一体ずつ選び、持ち主の墓地に置く。

日(再録):■ このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分のクリーチャーを一体破壊する。その後、相手は自身のクリーチャーを一体選び、破壊する。

英:■ When you put this creature into the battle zone, destroy one of your creatures. Then your opponent chooses one of his creatures and destroys it.
スポンサーサイト





動画を作ったのは4年ぶりくらいです。

GPのユーザ出展にも出せるくらいには貴重なものです。
ここでしか見ることができないカードが多くあり、海外版デュエマの数少ない資料でもありますのでぜひぜひ

覚え書きみたいな募集リストです。
悉く貴重品なので情報を教えていただけるだけでも嬉しいです(除プレート)。

・英語版
スクリーム・アサシン(プロモ)
ラ・ウラ・ギガ(バーガーキングプロモ)
ラルバ・ギア(バーガーキングプロモ)
ファントム・フィッシュ(バーガーキングプロモ)
ゼリー・ワーム(バーガーキングプロモ)
ガルザウルス(バーガーキングプロモ)
シェル・フォートレス(バーガーキングプロモ)

・ドイツ語版
ラ・ウラ・ギガ(バーガーキングプロモ)
ラルバ・ギア(バーガーキングプロモ)
ファントム・フィッシュ(バーガーキングプロモ)

・イタリア語版
恵みの化身(プロモ)

・フランス語版
ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン

・スペイン語版
バーガーキングプロモ7種
守護聖天ラディア・バーレ
天空の守護者グラン・ギューレ
ボルシャック・ドラゴン
悪魔神バロム
聖霊王アルカディアス
ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン

・中国語版
ボルシャック・ドラゴン
インビンシブル・テクノロジー

・ポルトガル語版
守護聖天ラディア・バーレ
天空の守護者グラン・ギューレ
ボルシャック・ドラゴン

・デュエルレジェンド(韓国語版)
公式プロテクター
ボルカノドン(プロモ)
ディオライオス(プロモ)
エーテル(プロモ)
ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン(プロモ)
ボルメテウス・武者・ドラゴン(プロモ)
インフェルノ・サイン(ホイル)
悪魔神ドルバロム
聖霊王アルファディオス
龍炎鳳エターナル・フェニックス
蒼神龍チェンジ・ザ・ワールド
超神星DEATH・ドラゲリオン
ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン
母なる紋章

・貴重品
ギガハート/オウギンガ 金プレート

I am looking for the following card.

English
L13/Y2 Scream Slicer, Shadow of Fear
B1/7 Y1 La Ura Giga, Sky Guardian
B2/7 Y1 Larba Geer, the Immaculate
B3/7 Y1 Phantom Fish
B5/7 Y1 Horrid Worm
B6/7 Y1 Galsaur
B7/7 Y1 Fortress Shell

German
B1/7 Y1 La Ura Giga, Sky Guardian
B2/7 Y1 Larba Geer, the Immaculate
B4/7 Y1 Aqua Knight
B7/7 Y1 Fortress Shell

Italian
91/110 Bliss Totem, Avatar of Luck(promo)

Spanish
B1/7 Y1 La Ura Giga, Sky Guardian
B2/7 Y1 Larba Geer, the Immaculate
B3/7 Y1 Phantom Fish
B4/7 Y1 Aqua Knight
B5/7 Y1 Horrid Worm
B6/7 Y1 Galsaur
B7/7 Y1 Fortress Shell
七福神の宝船巡り

少し遅いですが、新年あけましておめでとうございます。
今年もメルキス研とDM:Akashic Record、そしてDMEDHをよろしくお願い致します。
年々時間が少なくなっておりどこまで続けられるかわかりませんが、今年も頑張りましょう

今回は新年を祝うこのカードについての記事になります。

関連記事:
《Katta's Crew is Coming To Town/勝太が街にやってきた》の裁定とEDHでの扱いについて
《Spread Joy to the World!/デュエ友こぞりて》について
... 続きを読む
dmx21-33-70-arca-kid-20151016.jpg

前回の記事が多くの方に読んでもらえてよかったです。
ああいう系統の記事は数が少ないですからね。何か思いついたらまた記事にしようと思います。

前回は《ホーリー》を考えるうえで《ホーリー・スパーク》について考察しましたが、そんな中タイムリーなニュースがやってきました。

... 続きを読む