FC2ブログ

更新履歴

【重要なお知らせ】
DMEDHなどの変種ルールは DM:Akashic Record 変種ルールに移設しました。


DMEDHのルール・規制カードリスト
DMEDH用デッキ集
DMEDH動画


テスト用ルールは追記より
... 続きを読む
スポンサーサイト




... 続きを読む



これ、実際どうなんでしょうね。
暫定回答無しとはいえ、DMEDHではどちらも使用可能カードとしている以上、何らかの裁定がないとまずい気がしています。

《超電磁 パックE》の裁定によると、パックはカードではありません。
ただし、カード除去でパックを選ぶことができ、その際はパックを開封します。
また、カードの枚数を参照する効果(《超奇天烈 ガチダイオー》など)では「パックの中身はカードであることに変わりない」ので、入っているカードの枚数を参照できるという裁定があります。

なんでこんなチグハグな裁定なんだと思いますが、文句言っても問題は解決しないので考える必要があります。
そして本件ですが、上記の裁定のせいでどちらとも解釈ができる状態です。
「パックの中身はカードであることに変わりない」は、解釈によってはもなんでも通りそうな書き方だからです。

こぞりての効果でパックがシールドとしてシールドゾーンに加わる
→①パックはカードではなくパックなのでカードが置かれたときに誘発する絶十は誘発しない。
→②パックはカードではないが、中身はカードであることに変わりないのでカードの枚数を参照することはでき、絶十が誘発する。

パックEの裁定からすると②の方が少し優勢な気がしていますが、①の可能性も捨てきれません。
私個人としては複雑で、通常のゲームでは②でもいいと思いますが、DMEDHだと①であって欲しい、というのが正直なところです。

シールドに置かれた枚数を参照するカードとしては上記の《煌メク聖戦 絶十》の他に、《音奏 ハイオリーダ》があります。
《Spread Joy to the World!/デュエ友こぞりて》でデッキレベルMAXパックが置かれた場合絶十で30軽減の他にハイオリーダで10回もGR召喚することになり、8マナの2枚コンボにしては強すぎです。

これは《Forbidden New Year/禁賀新年》が強すぎたり、《DECKY THE HALL/ファラララ ラ~ラ ラララ♪》でマスターズ・クロニクルパックを開けられると約50%でゲームが崩壊する問題と同じで、ホリデーカードをどこまで節度を持ってDMEDHで使用するか、というのに繋がります。

ホリデーカード自体は私も全種4枚ずつ揃えるくらい大好きで、DMEDHにとっても多くは好ましい影響を与えています。
しかし、いざ本気で勝つためだけに使用すると規制されていないばかりにゲーム体験を大きく損なわせるリスクもあります。

《Spread Joy to the World!/デュエ友こぞりて》は本件に限らず公式で基本的な挙動が説明されておらず、今までもなんとなくで処理してきたという経緯があり、ここで非公式な裁定をまとめておく必要があるのかもしれません。
その場合、本件の裁定は一先ず②にして、後から問題が起きた後に裁定を①にしたりカードを規制するという手段がいいような気がしています。
《メガ・マグマ・ドラゴン》とかの相手のカード枚数を参照するコスト軽減能力の参照範囲が、相手一人から相手全員になりましたが、これはミスだったような気がしています。

理由としては
・総合ルールに手札で継続的効果を与える常在型能力と記述されていた→ない(後述)
・dm-wikiに常在型能力という記述があったはず→これもない
と、当時の根拠が崩れてしてしまっているのです。(記憶違いで、本当はあるのかもしれませんが)
おそらく総合ルールの

「110.4d ゾーンの指定がなく、マナコストを支払わずに使用することを認めるというカードの能力は、そのカードを使用できるあらゆるゾーンにおいて機能します。
110.4e カード自身の、そのカードを使用することに限定や修整をもたらす能力は、それらのカードが使用されようとするゾーン(通常は手札)にある間に機能します。」

が、「110.3d 常在型能力」の節だと勘違いしたのが原因のような気がします(実際にpdfで開くと段落がそれっぽく見える)。

なのでコスト軽減能力は常在型能力→全体の理屈がないので、一人参照するのか全体参照なのか再びわからなくなりました。

これについてはずっと答えが見つからない疑問であり、何故なら手札でコストが軽減する能力が、デュエマの能力の区分である呪文能力、誘発型能力、起動型能力、常在型能力のどれにも当てはまらないからです。

110.3b 誘発型能力 通常「~時」「~場合」「~たび」などで始まる誘発条件を持ちます。一度誘発した効果は、 処理されるまでは待機状態となり解決を待ちます。呪文やその他の効果によって誘発型能力を 与えられる誘発型能力は遅延誘発型能力と呼ばれます。

110.3c 起動型能力 起動型能力はある特定のタイミングで誘発し、要求された条件を満たしていれば、起動を選択することのできる能力のことです。原則的に任意のタイミングで起動できるものではありません。

110.3d 常在型能力 クリーチャー、クロスギア、ウエポン、フォートレス、鼓動およびフィールドがバトルゾーン にある間、または城やシールド・ゴーを持つクリーチャーがシールドゾーンにある間、常に機能し続ける継続的効果を生み出します

G・ゼロもそうですが、「召喚可能な時(メインステップ)に誘発するコスト軽減・代替召喚できる誘発型能力」と見なすことも「手札にある限り継続的にコストが軽減・代替召喚できる常在型能力」とも見なすことができます。
そして、常在型能力であればすべての相手プレイヤーを参照し、誘発型能力であれば相手から1人選んで軽減できます。

解決したと思っていたのですがどうもそうではなさそうで、割と困っています。
ルールにとても詳しい方がいましたら教えてください。
特定のカードを組み合わせるコンボに歯止めをかけるには、パーツの一部規制や、パーツ同士のコンビ規制や、ルール改訂などで対応してきました。
その結果、規制リストやルールが長くなり、増築を繰り返した違法建築のようなルールになっているのがDMEDHです。かつての九龍城塞のような思わず心を掻き立たせる趣があるとも言えます。

そこで今回は考え方を変え、それらを毎ゲーム手札に持ってくるサーチカードを規制する、というのを考えてみます。
実際に本家EDHでもサーチ(チューター)をローカルで禁止にするという試みもあります。

ハイランダーであるEDHでは、毎回ゲーム展開が変わりやすく、新鮮な感覚でプレイができます。
サーチは動きを安定化させますが、その楽しみが奪われているとみなすこともできます。
特定のカードによる凶悪なコンボは、たいていサーチカードによって実用レベルになり、結果規制されたり弱体化しています。
つまりサーチこそがゲーム体験を損なわせる元凶であり、シャッフルによって無為にゲーム時間を長くしている病巣であるのです。

と、考えたとして、いざサーチを禁止にするために該当カードをリストアップしてみました。高コストだったりサーチ範囲が狭かったり、タイムラグが長いものは削除しています。

『サーチ』
1 x クイーン・アマテラス
1 x 希望の絆 鬼修羅
1 x 三つ星鉄人 ミシュラ
1 x ルナ・ブライトホーク
1 x 龍素記号Og アマテ・ラジアル
1 x 宿命のディスティニー・リュウセイ
1 x 真実の名 ナッツ・スパゲッティーノ
1 x 光器アマテラス・セラフィナ
1 x 偽りの名 バルキリー・ラゴン
1 x ナインエッジ・夜叉・ドラゴン
1 x 黒神龍エンド・オブ・ザ・ワールド
1 x 神聖斬 アシッド
1 x 蒼狼の始祖アマテラス
1 x 破壊と誕生の神殿
1 x シェル・ファクトリーγ
1 x シンカイサーチャー
1 x 奇兵の超人
1 x 鬼の襲撃 モエル
1 x G・E・レオパルド
1 x 鎧亜の氷爪メフィスト
1 x 魔光神レオパルドII世
1 x 乱打の超人
1 x 聖域の守護者フォボス・エレインγ
1 x 鎧亜の神将ゼフィス
1 x バリバリ・ミラクル
1 x 森の飛忍モモンガジロウ
1 x 勇鬼 ヒャクバイザー
1 x バルキリー・裂空・ドラゴン
1 x 漢のキズナ カツブードン
1 x 大勇者「ふたつ牙」/ビースト・チャージ
1 x 真理の伝道師レイーラ
1 x 闘龍鬼ジャック・ライドウ
1 x 黒神龍ドボルザーク
1 x 凰翔竜機バルキリー・ルピア
1 x G・A・ペガサス
1 x 無頼王機スケル・アイ
1 x 策士のイザナイ ゾロスター
1 x 大勇者「銀河の誘発」
1 x 地武神オルメガス
1 x バロン・ゴーヤマ
1 x 東風の賢者ギュルカス
1 x 封魔デミゴルン
1 x 烈火イザヨイグレンオー
1 x 鳴動するギガ・ホーン
1 x 神来のイザナイ 日蓮
1 x 進化の化身
1 x 神令の精霊ウルテミス
1 x 緑銅の鎧
1 x 土隠雲の超人
1 x 躍動するジオ・ホーン
1 x 魅了妖精チャミリア
1 x グレイト・カクタス
1 x クレスト・EVOチャージャー
1 x 爆走鬼娘モエル・ゴー
1 x 猛烈元気バンジョー
1 x ボルット・紫郎・バルット
1 x ボルシャック・ルピア
1 x ゴッド・ガット
1 x 爆熱 タイガー・ヴァーム
1 x 聖騎士メビウスリンク
1 x クリスタル・メモリー
1 x 妖精のイザナイ オーロラ
1 x マントラのイザナイ カリーナ
1 x レインボー・ストーン
1 x 霊騎のイザナイ パイル
1 x 五郎丸コミュニケーション
1 x ディメンジョン・ゲート
1 x スピア・ルピア
1 x クラゲン
1 x 誕生の祈
1 x ブータン転生
1 x 鬼姫ローリエ
1 x 召集するタートル・ホーン
1 x ビコラキス
1 x ダンディ・ナスオ
1 x 心機一転!云鬼バケル
1 x ロスト・チャージャー
1 x ロジック・キューブ
1 x ロジック・スパーク
1 x ヘブンズ・キューブ
1 x 水晶の記録 ゼノシャーク/クリスタル・メモリー
1 x ヒラメキ・プログラム
1 x 神秘の宝箱
1 x 魂の呼び声
1 x 次元の霊峰
1 x エボリューション・エッグ
1 x ビースト・チャージ
1 x ロジック・サークル
1 x ロスト・ウォーターゲイト
1 x ゴッド・シグナル

80枚…多い!
これでも《ハナサキエリンギ》とかを削除して半分以下なのが驚きです。
もうちょっと減らすことはできるとは思いますが、最終的に今の合計より減るかはわかりません。
デッキ枚数がもっと多ければ有りなのかもしれませんが、実際どうなんでしょうね?