FC2ブログ

更新履歴

【重要なお知らせ】
DMEDHなどの変種ルールは DM:Akashic Record 変種ルールに移設しました。


DMEDHのルール・規制カードリスト
DMEDH用デッキ集
DMEDH動画


募集リストは追記より
... 続きを読む
スポンサーサイト



DMEDHのゲーム参入への障壁の一つに「デッキレシピが見つからない」というのがあります。
長く続けていると感覚が麻痺しがちですが、一からデッキを組めるような人は少数派で、多くの人は他人のリストを雛形にします。
変種ルールではどのようなカードがよく使われているのか、というのも知りたい人は多いです。

初心者が参考にできるようなデッキリストが不足すると、ゲームの参入への大きな障壁となります。
この問題はずっと解決したいと思っていますが、未だ解消していません

現状、他人のリストを探そうと思った時に見られるものは以下の通りです。

①アカシックレコードのDMEDHデッキ集のページ
②twitterの #DMEDH または#DMEDH_decks のハッシュタグ検索
③個人ブログ

①は我々が出しているデッキの解説記事のリンクです。
ルール管理チームが直接出しており、質はそれなりだと思います。
また、色の数順に整理されているので探しやすくもなっています。

②は、twitterでプレイヤーがデッキレシピを上げているタグです。
誰でも気軽に上げられるのがメリットですが、探しにくいという難点があります。

③も少数ながら存在します。
レシピだけだとtwitterでいい、となるのか詳しく解説が書いてあるものが多いです。

私もレコードでデッキ記事こそ書いていますが、数が不足しており、それを埋めるだけの時間もないので、現行のメンバーの力だけでは解決できません。

MTGのEDHRECのような、デッキレシピ集積サイトを作れればいいのですが、(ずっとそうですが)運営には報酬がないので、予算がありません。誰かが作ってくれれば別ですが…
dmvaultが60枚などの定形外のレシピに対応できれば一番いいですが、無いものねだりをしても仕方がありません。

現実的な手段としては、デッキリストの写真か画像(Deckmakerは60枚に対応している)を送ってもらって、それをデッキ集に掲載することでレコードにリストを集積する、くらいでしょうか。感覚的には①と②の統合に近いです。
これにはプレイヤーの協力が必要ですが、そこまでやってくれるのか?というのもあります

どういう形が現実的かつプレイヤーにとっての利益なるのか、というところです。
どうにかならないかなー

クイズ・表記揺れ2


突然ですがクイズです。
このカード達は全て自身がタップインする効果を持っていますが、テキストの表記がすべて違っています。
正しい組み合わせはご存じでしょうか?



Kaijudo全カード翻訳リストを公開しました。
これは「もうひとつの海外版」であるKaijudoに存在する約1200枚の全カードの日本語翻訳版のリストです。

つまり1200枚の英語テキストを全部日本語に翻訳するという重労働をやったわけですが、なぜそんなことをしたのか、いくつか理由があります。

そしてその中の一つに、「デュエマにおけるカードテキストの表記揺れは翻訳作業が原因の一つにあるのではないか」という仮説を補強するため、というものがありました。

今回はそんなテキストの表記揺れについての記事となります。クイズの正解も追記中にあります。
... 続きを読む

管理全般
カードパワーのインフレとフォーマットについて
変種ルールが含む要素の分類
DMEDHのルールの階層別分類
MTGの統率者戦との比較(管理面)
性善説と性悪説 2つのルール管理の考え方
近況 実務 DMEDHの管理の難しさ

ルールの問題点(大枠)
色規制システムは現状に即しているのか
【変種ルール】カードプールは固定すべきか
【DMEDH】規制カードを決める際に考慮される細かい要素
規制カードが多いことに関する疑問
【デュエマ多人数戦】英語版テキストから見る「各プレイヤー」

ルールの問題点(末節)
【DMEDH】軽量統率者と統率者ドローをどう考えるべきか
【DMEDH】統率者のコストアップは妥当か
【DMEDH】統率者の退避ルールをどうするべきか
【DMEDH】GRクリーチャーの色縛りは必要か
【DMEDH】マナ破壊はルールで廃止するべきか
【DMEDH】マナブーストカードの扱いはどうするべきか
【DMEDH】もしも、サーチカードが悪であるなら
【DMEDH】ターンの残りを飛ばす効果について
【DMEDH】将来的に実施するかも知れないルール変更

必要なアイテム
既存セットを活用したDMEDHの構築済みデッキのアイデア

DMEDHも僕が永遠にやるわけにもいかないので、常々書いているようにコミュニティに合わせたローカルルールが必要になります。
そのため、僕が把握しているDMEDHルールの問題点や改変するための考え方、将来に必要なことをメモしています。
引き継ぎ資料と呼ぶにはあまりに乱文ですが、役立つヒントがあるかもしれません。
... 続きを読む
しないかも知れません
... 続きを読む